加藤俊徳

スポンサーリンク
習慣化

加藤俊徳氏の脳を強化したければ、ラジオを聴きなさいの書評

脳を刺激するには「自分が普段しないこと」をするのが重要ですが、その意味でラジオは常に新しい情報を聴覚系脳番地を通じて私たちにもたらしてくれます。(加藤俊徳) photo credit: Khuroshvili Ilya S...
習慣化

毎日、少しづつ生まれ変わるための読書術

本はすべてを読む必要はない。(加藤俊徳) photo credit: Graeme Pow Valentine's Day Witchcraft via photopin (license) 読書に対するマインドセットを...
習慣化

アイデアを加速する読書法!

様々な本を読んでいて思うのは、本はすべてを読む必要はない、ということです。まず、どんな本でも、最初から本を丸ごと一冊理解しようとは考えず、読みやすいところから読むことです。読まない部分があるのは当然で、最後まで読み通せる本が珍しい、と私は考...
習慣化

脳の感情系脳番地を鍛える方法!

「人の心を理解する」というのも、能力のひとつです。そのために効果的なのは、やはり人と直接会うことです。私はたくさんの人の脳画像を見てきましたが、人とよく会っていそくとうようる人というのは、脳画像からもすぐにわかります。側頭葉にある感情系脳番...
習慣化

孤独を避け、マンネリをやめて、脳を刺激しよう!

自分一人だけで生きていると、実は記憶力をあまり使わないらしいのです。一人でいるだけでなく、社会的に孤立してくると、海馬がどんどん弱まってしまうのです。(加藤俊徳)  photo credit: Fernando Stankuns tape...
習慣化

加藤俊徳氏の「脳を強化する読書術」の書評

本をとにかくたくさん読めば、脳が鍛えられるかというと、実は、それほど単純な話ではありません。利き脳があるように、脳の使い方には人それぞれにクセがありますが、そのクセを放っておくと、脳内の同じところばかりを使う偏った脳になってしまいます。健康...
習慣化

アイデア作りにも傾聴力が効果的??傾聴系脳番地の活用法。

「聴覚系脳番地」を鍛えるには、とにかく意識的に注意深く耳を使うことです。ラジオを聴きながら寝る。会議の速記録を作成する。自然の音に耳を澄ませる。といった方法が有効です。ラジオを聴きながら、書き取る。本を音読しながら、手書きで写す。いずれも「...
習慣化

ワクワクが脳を活性化させる!ワクワクする人と付き合おう。

できるだけ自分を孤立させず、社会的な立場を保つには、ネットワークがとても重要とされています。その基本となるのが、ワクワクする人が身近にいるかどうか、だと私は思っています。ワクワクする人が身近にいれば、その人と会うのが楽しみになります。そして...
習慣化

生活習慣病は脳の天敵!脳を健康に保つための3つのルール

脳の健康を保つためには、体も健康であることが前提になります。脳を特別に意識しなくても、栄養や睡眠などに注意し、常に体を健康な状態に保とうと心がけている人は、基本的に脳も衰えません。体を壊さない、衰えさせない努力をすることで脳のケアをしている...
習慣化

脳の成長のためには、若い世代との交流が鍵。

脳の成長を促すためには、さまざまな情報を吸収し、それを受け入れることのできる柔軟性が必要です。何事に対しても興味を持つこと、発想の自由度を保つことが重要です。(加藤俊徳) PDFA習慣術の徳本昌大です。 もしもあなたが、自分の脳を長生きさ...
スポンサーリンク