スポンサーリンク
習慣化

運を良くしたければ、最悪のストーリーを考え、準備を怠らないようにしよう!

運の良い人は総じて悲観的である。そのイメージは「ハッピーならラッキー」といった古くからの言い伝えにそぐわない。どんなに悪い結果でも気にせず、いつも陽気で微笑を絶やさない楽観主義者というのは、残念ながら不運な人生を歩むことになるようだ。(マッ...
習慣化

中谷彰宏氏の「成功する人の一見、運に見える小さな工夫」の書評

運のいい人は「私、運だけで生きているんです」「運がよかったんです」と言います。実は「小さな工夫」をたくさんして努力もしているのです。運の悪い人は何もやっていなくて、運のせいにします。運のよかった人の「小さな工夫」に気づきません。運のいい人と...
習慣化

ロバート・H・フランクの成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学の書評

わたしたちは、成功を運によるものだと思いたくないのです。年をとり、成功を重ねると、なぜか自分の成功は必然だったと思うようになります。偶然が果たす役割を認めたくないのです。(マイケル・ルイス) photo credit: torbak...
習慣化

植島啓司氏の「運は実力を超える」の書評

とにかく、あなたは運のいい人間になるべきではないだろうか。すてきな友人のそばにはすてきな人が次々と集まってくる。あなたは彼らと一緒に楽しい日々を過ごすべきなのではなかろうか。そうしたらきっと幸運がやってくるに違いない。運は偶然とは違う。偶然...
習慣化

自分で運をつくり出している人たちの4つの共通点

この世の中で成功する人は、行動を起こして適切な環境を探し求め、もしそれが見つからなければ、自分でそれをつくり出す。(バーナード・ショー) photo credit: danielfoster437 Ambitious person v...
習慣化

和田裕美氏の「和田塾 運をつくる授業」の書評

運は山と谷でできています。山の頂上の一段上にまた山があります。これが「心の階段」です。心の階段を上がっていけばいくほど運が上がるんです。(和田裕美) photo credit: Predi Happiness at Sunrise ...
習慣化

斎藤一人氏の「強運」の書評 運を高める方法は自分の考え方にあり!

運がいい人も、運が悪い人もいない。運がいいと思う人と、運が悪いと思う人がいるだけだ。(中谷彰宏) 運が良いと思うことで、自分の行動を変えられることに気づきました。 以前は「ついていないなあ」と考えることも多く 自分の...
習慣化

パワーポーズが最高の自分を創るの書評③

個人的なパワーがあれば最高の自分に近づける一方、個人的なパワーを欠いていれば自分の姿はゆがめられ、本当の姿は見えなくなってしまうと私は思っています。(エイミー・カディ) PDFA習慣術の徳本昌大です。 エイミー・カディの〈パワーポーズ〉が最...
習慣化

恐怖をなくしながら、運を良くするシンプルな方法

「会社をクビになったらどうしよう」とか「結婚できなかったらどうしよう」とか不安になることをいろいろ考えるけど、起きる問題にはすべて"解決策"があります。だから、実際に問題が起きたら「どうやって解決するか」を考えればいいだけなんだよね。それで...
習慣化

嫌な言葉をポジティブな言葉に、今すぐ言い換えよう!

勉強に対しても仕事に対しても、「苦痛」「嫌い」「大変」「しんどい」などという言葉が入力され、条件づけられてしまうと、扁桃核は「不快」と反応する。勉強も仕事も苦痛になり、しんどくなり、勉強が楽しくない体質、仕事が気持ちよくない体になってしまう...
スポンサーリンク