Google Musicのプロモ動画を見ながら考えた事。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

先週、USで始まったGoogle Musicですが
日本では、コンテンツ保護のためか当然使えません。
Googleで検索を試みましたが、残念ながら下記の切ないメッセージが現れます。

こういった新しいサービスが現れると、日本人はなかなか恩恵が受けられません。
音楽や映画などのコンテンツに関しては
日本はメーカーサイドに完全にコントロールされてしまっています。

Google Musicのサイトにはたどり着けませんでしたが
Googleの作ったプロモ動画はYouTubeで見れます。

Google Musicのサービスインで
Apple Amazon Googleが音楽の土俵で戦い始めました。
おじさん世代にはうれしく懐かしい世界観の動画で
ソーシャルおじさんも、何回か見て楽しませていただきました。
しかし、サービズ自体の評判は良くないですね。
ただ、サービスの善し悪しはどうあれ、アメリカ人が使えるのに、
日本人が使えないというのは納得がいきません。
機会損失は許せません!笑い。

iPhoneだけではなく、Androidから音楽を聴くというのも、もっとチャレンジしたいですよね。
日本のAndroid普及率から考えると案外、共感いただける方も多いのでは?

「Artist hub」などの新しいサービスも試してみたいですよね。

とにかく、日本でも至急サービスインしてくださいよGoogleさんというのが
Google Musicへの感想です。
賛同いただける方、ご一緒に活動致しましょう!

11月24日に露出リテラシーで世の中を変えている玉置さんとセミナーします。
詳細はこちらのHOPE100をご覧ください。
全額寄付のイベントです。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。



スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る