パワーをチャージするための最善の方法。 #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

パワーというものは、世の中に貢献したいという思いの強さに正比例して、与えられる。

ピーター・セージのこの言葉を読むと、
貢献することでパワーがもらえることがよくわかります。

人は貢献することで、感謝の言葉がもらえるようになります。
「ありがとう!」と言ってもらえることが、元気の源となり
次のアクションのモチベーションになるのです。

このブログを書き続けているのも、読者の方に自分の知識や体験が
役立てばという気持ちがあるのですが
その貢献が読者の方に認めてもらえて、コメントをいただけるのはうれしいものです。

ソーシャルメディアの仲間から感謝の言葉をいただけると
その方が特別の存在になり、こちらもその方のアイコンを見るたびに
「いつもありがとうございます!」と思えるようになるのです。
自分の中で感謝の言葉がソーシャルメディアのおかげで言えるようになると
心が落ち着き、私の中でやる気がチャージされるのです。
人から感謝されることで、こちらも感謝の気持ちが持てるようになります。
感謝の連鎖が生まれると、人間関係もよい方向に動き
ますますやる気がチャージできます。

また、会ったことのない読者の方から「ありがとう!」とコメントをいただくことで
交流がスタートすることもあります。
Facebookでメッセージのやりとりで、ランチの約束をすれば
リアルでお会いし、お互いの考えやプロジェクトを紹介し合えます。
ここから、ビジネスのヒントなどが生まれることもあります。
自分と違う視点の方と会えると気づきをいただけますから
脳の活性化にもつながります。
逆に、こちらのアイデアや人脈で相手の方への貢献も可能となります。

感謝の気持ちを持って、ソーシャリアルで貢献できるようになると
不思議と自分の成長を促せるのです。
また、ありがとうと笑顔で言ってもらえることで
自分にパワーをチャージできるのです。

やる気がなくなった時など、自分の仲間を思い浮かべて
ありがとうと言いながら、ブログを書き始めると
私の場合は、行動できるようになります。
ありがとう!がアクションのキッカケになるのです。

ピーター・セージの関連記事
  
PHOTO CREDIT

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る