不安を克服したい人は多いはずです。
私もその一人ですが、以前に比べると私は不安を減らせるようになりました。
多くの書籍から不安の撃退法を学んで、実践してきたおかげですが
不安を克服できると、人生をとてもハッピーにできるのです。
C・ジェームス ジェンセン潜在意識をとことん使いこなすの中で
不安とは自分の思考を恐れることだと定義し
その克服法を私たちに教えてくれています。

不安は人類最大の敵だ、と言われている。失敗や病気、人間関係のもつれのかげに不安が潜んでいる。数えきれないほどの人々が、過去や未来、老い、精神に異常をきたすこと、そして死を恐れている。こうした不安はあなたの心の中の思考であり、つまり、あなたは自分の思考を恐れているのだ。

スクリーンショット 2015-03-05 21.30.26
不安はネガティブな思考から生まれてきます。
不安が恐怖感から生まれてくるのなら
私たちは、その恐怖を克服しさえすればよいのです。

あなたが恐れていることをしなさい。そうすれば恐れる気持ちは必ず消える。(ラルフ・ワルド・エマーソン「)

人間は自分が知らないことに対して、不安を抱きます。
ならば、不安に思っていることを知ることが
その解消につながるはずです。
わからないことは学び、それを理解することに努めましょう。
次に、それを解決するためのアクションを起こせば良いのです。
未来が不安だと思うのなら、未来は現在の延長線上にあると考え
今に意識を集中し、行動してみるのです。
学び、行動することで、不安はやがて消えていくはずです。

自分には不安を克服する力がある、と前向きな気持ちで自分に言い聞かせ、不安を克服する、と意識的な心ではっきりと決断すれば、潜在意識の力を解き放つことができる。潜在意識は、あなたの思考の特性に応じた答えを示すものなのだ。(C・ジェームス ジェンセン

感情をポジティブにコントロールできれば
体からパワフルなエネルギーが生まれてきます。
このやる気が潜在意識を活性化させ
多くの人や情報を引き寄せるのです。

人は、この世に生まれてきたときには、たった2つのことにしか恐怖を感じない。それは、落下と、大きな音だ。それ以外の不安はすべて生まれてから身につけたものだ。それらを捨て去ろう。

人間は元々は大きな音と落下にしか恐怖を感じないと思えれば
残りの恐怖は生きていく中で植えつけられたものです。
これを捨てれば、不安を必ず、克服できるのです。

不安には、置換の法則がよく効く。どのような不安であれ、願うことによって解決できる。あなたが病気を患っているのなら、健康を願えばいい。不安に取り愚かれているなら、不安からの解放を願えばいい。よいことを期待しよう。心を上いことに向け、潜在意識はいつもあなたの願いに応えてくれると信じよう。潜在意識は決してやり損なったりしないのだ。

不安を克服するためにC・ジェームス ジェンセン
「置き換えの法則」を使うことをすすめています。
どのような不安も良いイメージに置き換えることで
潜在意識が解決してくれるようになります。
私も体調が悪くなりそうなときには、健康をイメージすることで
病気にならなくなりました。
このシンプルな置き換えのルールを覚えるだけで
私たちは不安を克服できるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。
  

License: (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る