• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

不平をこぼす人間に与えられるものは、憐れみよりも軽蔑である。(サミュエル・ジョンソン)

不平、不満はカッコの悪いものなので
私は極力避けているのですが、時々口にしてしまいます。
この悪い習慣は、失敗が重なった時に多くなります。
どうして、私たちは文句を言ってしまうのでしょうか?
スクリーンショット 2015-04-18 11.20.56
ジャック・キャンフィールド絶対に成功を呼ぶ25の法則
その原因を明らかにしています。

文句・不平不満を言うことの意義を考察してみましょう。現状に文句を言うのは、現状よりもっといいこと、もっと欲しいことがあるからです。それはつまり、自分が望むことがあるにもかかわらず、その実現のための行動をとっていないということであり、それはきっと、その行動の責任を負うのが嫌だからでしょう。(ジャック・キャンフィールド)

現状に不平・不満を言うのは、自分が目標があるにも関わらず
行動を起こせていないからなのです。(自分のせいなのです。)
確かに失敗が続くと、恐怖感から行動が抑制されます。
落ち込んでいると、現実を否定したくなりますから
思考も行動もネガティブになってしまいます。
これを避けない限り、私たちは泥沼にはまってしまいます。

考えてごらんなさい。人が文句・不平不満を言うときは、本来は自分ができることに対してのみ発します。我々は、自分では何ともしがたいことに関しては文句を言いません。例えば、地球の重力に関して文句を言う人はいないでしょう。重力は初めから存在しており、自分ではどうしようもないことを知っているからです。だから、そのまま受け入れるしかない。文句を言っても状況は変えられないので、文句は言わないのです。あなたが文句を言う対象とは、本来、あなたが変えられるものでありながら、あなたが変えようとしていないことなのです。本来あなたは、もっと自分がしたい仕事に就いたり、もつと愛してくれる伴侶を見つけたり、もっと収入を増やしたり、もっときれいな家に住んだり、もつと環境の良い地域に住んだり、もっと健康的な食品を食べたりできるのです。しかし、それを得るには、あなたが変わらなければならない。ではなぜ、これまでそれができなかったのでしょう?それはリスクを伴うからです。(ジャック・キャンフィールド)

文句を言うのは、リスクが怖いからというジャックの指摘には納得します。
私たちには行動する勇気が必要なのです。
まずは、文句や不平・不満を言う前に行動を起こしてみましょう。

文句を言っていても意味がないのですから、できるところから変えてみるのです。
現状を変えるためには、文句を言うのではなく、人に依頼してみましょう。
仕事を改善したいのであれば、同僚に文句を言っても意味はありません。
上司にきっちりと話して、チャンスをつかむのです。
文句はネガティブ、依頼はポジティブだと考えてみるのです。
現状を変えてくれる可能性のある人に会って
お願いするのは、お金がかかるわけではありません。
ほんのすこしの勇気が必要なだけなのです。

不平はエネルギーだ。人間は不平がなければ、働く意欲を失ってしまう。(小川栄一)

不平・不満を言う前に、それをエネルギーに変えて、行動を起こしたいものです!!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: 016/365: Fixation, No Relaxation via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る