「ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義」にインスパイアされたこと

習慣化

私にとっては、大きな問題はすべて大きなチャンスだということです。(ビノッド・コースラ)

スクリーンショット 2016-03-21 9.50.39
ティナ・シーリグのスタンフォード大学白熱講義
の中で
ティナは、課題を見つけることがチャンスにつながると書いています。
私たちは問題がなければ、解決策を求めません。
世の中に存在する課題を見つけるために
私たちは積極的に人に会ったり、好奇心を持って
起業のための仮説を考えればよいのです。
世の中には課題の分だけ、チャンスが満ち溢れていると考え、楽観的に行動しましょう。

問題がなければ、解決策を求めることもなく、企業の存在意義一もなくなります。簡単なことです。大きな問題はすべて大きなチャンスなのです。大きな問題を抱えていない人には、チャンスも訪れません。問題を解決しない人には、誰もお金を払わないのです。(ティナ・シーリグ)

もしも、問題があるのなら、それをチャンスと捉えるのです。
このルールを覚えておけば、落ち込まずに行動できるはずです。
大きな問題を抱えているというのは、チャンスに囲まれているのと同義なのです。
ビジョンを持って、諦めずに行動することが、起業家にとって必要なことなのです。

強い願望を持っている人は、問題を解決するために創意工夫と努力をはじめ、目的に到達するまで、決してあきらめないのです。つまり、目的に向かって進んでいく人、挫折を重ねていく人、そして、だらだらと一生を終えてしまう人の一番大きな差は、この願望の強さなのです。(稲盛和夫)

世の中を良くするという強いビジョンがあれば、そのためのチャレンジができます。
失敗を重ねても、あきらめずに目標に向かって行動できるのです。
願望が大きければ、良い人生を送れると稲盛和夫氏は言います。

起業できる人とできない人の差は、課題の発見とその解決能力なのかもしれません。
自分やビジネスの課題に対して敏感になりましょう。
不便だと思ったり、イライラを感じたら、チャンスを見つけたと思うのです。
それをメモに書き出し、どうすれば解決できるかを考えてみましょう。
課題を解決し、新しいマーケットを創出することが、真の起業家がやるべきことなのです。
私たちは、ゼロからでも何かを生み出せるのです。

ティナは、本書で私たちに3つのことを教えてくれます。
■問題をチャンスに変えること。
■世界はチャンスに溢れている。
■ゼロの状態から何かを生み出せる。
ユーザーのニーズを見つけ出し、解決策を提示できれば、チャンスが広がるはずです。
私たちはこう考えることで、自分の幸運を自分で作り出せるのです。
起業家になることとは、課題を見つけることなのです。
起業家にとってのマーケティングとは、課題を持っている人に
自分たちに課題を解決できると伝えることかもしれません。
起業家としてのマインドセットを心がけ、世の中の課題を見つけるようにしましょう。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

 スクリーンショット 2016-03-19 9.18.55  

photo credit: DSC_1198 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント