チャンスを作るためには、一人の力を過信するな!

習慣化

チャンスを作るにはまず「独力でやる」という発想から抜け出し、恐れを乗り越えてビジネスという冒険を楽しむことが必要だ。あなたに足りないものを持っている人、そしてあなたが持っているビジョン、明晰さ、実行計画などを必要とする人が必ずいるとすれば、二度とその恐れを感じることはないだろう。(ジェイ・エイブラハム)

スクリーンショット 2016-06-16 14.40.33
クラッシュ・マーケティング
の中でジェイ・エイブラハム
チャンスを作りたいなら、独力で勝負するのを避けろと言っています。
自分のビジョンを明確にし、それを宣言すれば、仲間が集まってくると言います。
集まってくれた人のパワーを借りることで、行動する勇気をもらえます。
多くの人の力を使えば、チャンスを得ながら、様々な課題を解決できるようになります。

最近のビジネスの課題は時代の進展とともにますます複雑になっています。
一人の知識は限りがあり、自分だけで課題を解決するのが難しくなっています。
そういった意味でも自分の力を過信せずに、他者の応援をあおぎましょう!
いろいろな視点で課題を考え、クライアントに評価されないと
仕事を受注することが難しくなっています。
自分の価値と仲間の価値を組み合わせてコラボすることを意識しないと
成功できない時代を私たちは生きているのです。

時代は個人戦から団体戦になった。ひとりで自分の能力を高めるよりも、いかに所属しているコミュニティー(チーム)の集合知を最大化し循環を起こしていくかが大事。そのためには、まず未来に向けての物語(ストーリー)を共有すること。(小田真嘉)

多様なメンバーでチームを組み、その知識や体験を共有しながら
クライアントの課題を解決することが今後のトレンドになりそうです。
私も広告会社に勤めている時に、一社の力に限界を感じていました。
コミュニケーションの視点だけでは、企業の課題を解決できなくなってきたのです。
マーケティングだけでなく、事業計画、投資、ITの知識を持ったプロがいないと
経営者の悩みを解決できないと気づいたのです。

オープンイノベーションに必要なのが、ダイバーシティ(多様性)。違う血を入れて、異なるものを是とする受容力。ダイバーシティによって、イノベーションも生まれるのです。(新浪剛史)

中小企業やベンチャー経営者は多様な専門家を雇用することはできません。
ITに詳しい弁護士の中野秀俊氏と一緒にプロフェッショナルが集う経営者のための
課題解決のためのプラットフォームをつくることにしました。
WEB、PR、金融、事業計画などのプロが集まるみらいチャレンジ
今年の4月に起業し、この5月から営業を開始しました。
社長の悩みを日々ヒアリングしながら、専門家と一緒に提案を行っています。
経営でお悩みの方は、ぜひ私たちにご連絡ください。
お問い合わせなどは、こちらのサイトからお願いします。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
みらいチャレンジの関連記事は、こちらから。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     
     

photo credit: Compassion Connect 155 via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント