• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

そもそも、わたしたちは自分が生産的であることを実感したり、自分の労力が価値あるものとして扱われたりすると、喜びを感じるらしい。加えて最高の日だと感じるのは、自分が良い仕事をした、周りから必要な助けをもらえたと思えるかどうかに関係する。良い1日の終わりには、疲れよりも、より多くのエネルギーを感じる。頭や身体を使わないという意味ではない。消費されるエネルギーを補って余りある喜びと動機づけを与えられるということだ。(キャロライン・ウェッブ)

スクリーンショット 2016-07-02 21.43.01
キャロライン・ウェッブ
最高の自分を引き出す 脳が喜ぶ仕事術を読むと
最新の心理学、行動経済学、脳神経科学の知識を理解し、実践することで
私たちは簡単に幸せになれることに気づけます。
本書には、そのエッセンスが詰まっていますから
幸せになりたければ、本書を読むのが手っ取り早いと思います。

誰もが自分では変えられない事態に遭遇する。だが行動科学はわたしたちが何かを体験する際に、周囲に大きな影響を与えているという、驚くような事実を見せてくれる。この事実を受け入れれば、変化を起こすことができるだろう。人生をよりコントロールできるようになり、より多くの”しっかり準備された幸運”を楽しめるようになる。その結果として、より多くの良き日々を過ごすことができるようになるのだ。

キャロライン・ウェッブは、最高の自分を引き出す7つの要素
身につければ よいと本書で説明しています。

■脳を支える2大システム(熟考vs自動)を活用して
1、優先順位をつけて1日の方向性を設定する
2、生産性を高めて時間をもっと有効に使う
■すべての仕事において……無意識を支える2大モード(防衛vs発見)を自覚して
3、あらゆる人間関係を最大限に活用する
4、聡明で、知的で、創造的な自分になる思考力を
5、言葉や行動の影響力を最大化する
■1日を通して……心と身体のループを改善して
6、レジリエンスを高めて問題に賢く対処する
7、熱意と楽しみを高めるエネルギーを

今日は、1の優先順位についての記事を書くことにします。

私たちの脳は、オートパイロット状態で運転されていることに気づくと
自分の行動を変えられます。
注意に値するもの以外を見ないという脳の特性(非注意性盲目状態)に気づけば
優先順位の重要性がわかるはずです。
そして、自分を変えるために最も簡単な方法は
朝のスタートの仕方を変えることなのです。
やるべきことの優先順位を決めれれば、1日が良くなります。
自分の脳のフィルターを変えるだけで、現実が変化し始めるのです。
1日をなんとなく過ごすことをやめれば、チャンスが見つかるようになります。

わたしたちの世界の見方は、良きにつけ悪しきにつけ、1日の始め方に大きく左右される。脳の自動システムが意識的な優先事項、一番気になること、気分に一致することだけを見たり聞いたりするよう、わたしたちを仕向けているからだ。一方、それ以外のことは無視される。

朝一に1日の方向性を設定する習慣をつくりましょう。
優先順位、心配事、気分などに意識的に注意を向けるのです。
そして、その際以下の3Aの視点で考えると、良い行動につながると
キャロライン・ウェッブは書いています。

■Aim 今日一番大切なことは何かを考える。誰と会い、何をするのか。成功には何が必要か。
■Attitude 自分の考えや気分を支配している心配事に気づき、認める時間を作る。そうした心配事は、あなたの狙いを達成する助けになるだろうか。助けにならないのであれば、しばらく忘れることはできるだろうか。
■Attention 何が本当に大切かを考えた場合、どこに自分の意識を集中させたいだろうか。自分が見たいものを知り、それを意識的に探す。

私は朝起きた時に、今日のタスクの優先順位を考えます。
スケジュールを見ながら、会う人の顔を思い出し
ミーティングのイメージを良くすることで
気持ちをワクワクさせることができます。
アンソニー・ロビンズの朝のパワークエスチョンを数年前に取り入れたのですが
この習慣が朝の気分をポジティブにしてくれたのです。
これで、行動が楽しくなり、良い結果が引き寄せられるようになりました。

キャロライン・ウェッブも、ポジティブな目的を設定することを勧めています。
ネガティブなことを考え始めると、脳はつまらないことを優先する癖があります。
自分が望むような1日を作るためには、思い込みをなくして
本来の目的のために、何をすべきかを考えるようにするのです。

そのために、ネガティブな思い込みをチェックして、自分の脳のフィルターを疑いましょう。
この作業を繰り返すことで、自分の意識を向けるべきことが見えてくるはずです。
ポジティブな目的を考え、優先順位を変えることで
良い情報が入手できたり、今会うべき人が浮かんできます。
目的を明確にすることで、タスクの優先順位が決まるのです。
これで、今何をすべきかがわかるようになり、自分の行動を変えられます。

次に、行動目標を設定し、やるべきことをリストに書き出します。
その際、仕事以外の散歩などの行動をリスト化しておくと
その行動を意識することができ、実行の確率がアップします。
本書を読み、書かれていることを実践することで
確実に自分のパフォーマンスを高められます。
ちなみに本書は、HOW TO HAVE A GOOD DAYとして出版されていますが
私にはこちらの英文のタイトルの方がフィットしました。
本書を自分のものにできれば、良い日を過ごせるようになると思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

   
     

photo credit: Ocean City 2013 via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る