恵まれていることにフォーカスし、感謝するだけで幸せになれる!

習慣化

やっかいごとを数え上げるな、恵まれているものを数えてみよう。 (デール・カーネギー)

スクリーンショット 2016-05-31 22.51.44
道は開ける
(デール・カーネギー著
)を読み返すと、多くの気づきを得られます。
どんな困難な状況に置かれていても、自分を追い詰めないことが肝心です。
斎藤一人氏ではないですが、自分を幸せだと思うことで気分が変わり
不思議と良いことが引き寄せられるようになります。
幸せだなを口癖にしていると、いろいろなものから気づきをもらえます。
気持ちをポジティブに持つことで、役立つ情報を見つけられるようになるのです。

また、自分の持っているものや今いる環境の中で
恵まれていることにフォーカスすると感謝の気持ちを持てるようになります。
幸せになるためには、良いことにフォーカスして、それに感謝することが不可欠です。

他人との比較や無い物ねだりで、自分を不幸だと思わないようにしましょう!
足りないものにフォーカスすると、際限がなくなります。
いつも不満を抱えていると、最終的に自分を不幸にしてしまいます。
自分の生活の中で、良いことを見つけて
感謝する習慣を手に入れることで、私たちは幸せになれるのです。

道は開ける新装版 [ デール・カーネギー ]
価格:1728円(税込、送料無料)

自分に足りないものについて悩むことは、今すぐやめるのです。
今、自分の持っているものに満足することことで
無駄に悩まなくなり、幸せな時間を伸ばせます。

自分をワクワクさせることを見つけて、まずはそれに集中するのです。
気持ちをハッピーにしてくれる人とだけ付き合い
幸せになるための種まきをしましょう。
自分を不幸にすることにフォーカスするのをやめて
仲間への貢献を考え、行動するだけで私たちは幸せになれるのです。

周りの人に感謝すると同時に
人から感謝される行動を習慣にすると良いことが起こり始めます。
感謝の気持ちを基軸に置くことが、幸せになる秘訣なのです。

人は幸せだから感謝するのではなく、感謝が人を幸せにする。(デヴィット・スタインドル・ラスト)

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
デール・カーネギーの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     
     

photo credit: *click* via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント