キャロライン・ウェッブに学ぶ、コミュニケーションを活性化するための4つのステップ

主役はあなたではない。(キャロライン・ウェッブ)

スクリーンショット 2016-07-06 8.49.44

キャロライン・ウェッブ最高の自分を引き出す 脳が喜ぶ仕事術
書評ブログの5回目は、信頼関係の築き方について再び書きます。
私たちは良い人間関係を構築することで、幸せになれるのです。
主役を自分にするのはやめて、相手を主人公にすることで、人間関係を良くでます。
ストーリーの主役は相手だと決めて、話を遮ったり、意見をこちらから言うのではなく
相手の話を傾聴し、それに対しての質問を繰り返すのです。

キャロライン・ウェッブは、コミュニケーションを良くするためには
目的と思い込みの2つの指標を持つことだと書いています。

目的ーまず、相手との会話によって何を一緒に達成したいかを決める。双方にとって良いものであり、自分の人間関係に最も大切なことを表すものでなければならない。
思い込みー相手に対して否定的な先入観を持っていないかを確認する。相手にもそれが伝わるからだ。代わりに、相手の肯定的な面や興味深い面を探す。

まずは、お互いにしっかりとコミュニケーションをとりながら、ゴールを設定するのです。
その際、相手への自分の思い込みをなくしましょう。
否定的な先入観が、信頼関係を築く邪魔をします。
ネガティブな感情は必ず相手に伝わるので、注意が必要です。

考え方を変えることによって、会話をワクワクなもに変えられます。
コミュニケーションを活性化するためには
以下の4つのステップを意識しましょう!

1、自分の意見や知識を伝えることに固執しない(いつかは自分の意見を述べる機会が訪れると信じる)。
2、相手の興味深い面を見つける。
3、質問に見せかけた提案をするのではなく、相手の自由な意見を求める質問をする。
4、答えをきちんと聞く。最も印象に残ったことについて、さらに問いかける。

相手の話を傾聴する、相手を喜ばせる的確な質問をすることが
コミュニケーションを円滑にしてくれます。
クライアントや社員と仲間になることで、成功の喜びを共有できます。
その際、以下の4つに注意しながら、会話をしましょう!
■共通の興味を探す
■共通の目標を強調する
■共通の不満について話す
■相手の言葉を繰り返す ことが良いようです。

一方的な独りよがりの会話をやめて、相手の価値を見出しましょう。
そうすれば、自分の仲間を増やせ、より幸せを感じられるようになります。
人は自分の話を聞いてもらいたい生き物だと再認識できました。
以下本書の関連記事です。こちらもぜひお読みください。
脳が喜ぶ仕事術の書評1
脳が喜ぶ仕事術の書評2
脳が喜ぶ仕事術の書評3
脳が喜ぶ仕事術の書評4

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

   
     

photo credit: #FoodstandSpotlight March 2015 via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る