強者とは、自分の感情をコントロールし、敵を味方に変える人のことだ。(昔の格言)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-04-15-38-19
敵を味方に変える技術(ボブ・バーグ著)
書評ブログを続けます。
ボブ・バーグは感情をコントロールすることで
良い人脈が築け、その結果、成功が手に入ると本書で力説しています。
かんしゃくを起こさずに、利他の心で仲間に接することで
多くの人たちを味方にできるのです。

人は自分一人では、なにも実現できません。

もしあなたがチームの誰よりも有能なら、弱いチームしかつくれない。(ダン・ロックウェル)

一人の力には限界があるのですから、他者の協力がなければ
ビジネスで成果を上げられるわけがないのです。
自分にはない強みを持った人は、すべて自分のパートナーになりうるのです。
そして、その際、自分より優秀な人を集めることが、組織づくりのポイントになるのです。

成功を収めるためのパートナーには多種多様な人々がいる。家族、友人、上司、同僚、部下、雇い主、従業員、営業部員、販売員、見込み客、顧客、チームメートがそうだ。人々は扱いづらく、ときには敵対的な態度をとることもある。だが、そんなときこそ、双方の利益になる解決策を見いださなければならない。また、やっかいな人を敵に回さないように配慮することも重要だ。(ボブ・バーグ)

自分だけでなく、チームがWin-Winになるように
良い人間関係をデザインしなければ、成功は望めません。
リーダーはチームを上手にまとめるために、彼らの力を引き出す必要があります。
チームのメンバーの強みを見つけ、それらを組み合わすことで、結果を残せるようになるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

敵を味方に変える技術 [ ボブ・バーグ ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2016/11/4時点)

真のリーダーは自分よりも有能な人たちを受け入れるだけでなく、そういう人だけを探し求める。彼らは特定の分野で自分より有能な人たちを集めてチームをつくる。一方、地位にしがみつくタイプのリーダーは、自分の地位から自尊心を得る傾向がある。その結果、自分の地位を脅かす人間が現れたと感じると、意識的かどうかは別として、その地位を守ろうとする。しかし、こういう姿勢は保身であり、人を動かす力を損なうおそれがある。

強いチームのリーダーは自分より能力の高い人たちを集めます。
オーケストラの指揮者や野球の監督は
スキルの高いプレーヤーを集め、彼らの力を最大限に引き出します。

真のリーダーはチームのメンバーを称賛し、組織に価値を提供してくれた功績を認める。さらに、その人たちに花を持たせる方法を積極的に探し求める。私が見たところ、組織の文化はいつもトップではじまり、それが全体に広がっていく。だからもし経営陣が保身に走り、自己防衛に専念するなら、そういう雰囲気が組織全体に蔓延する。その逆も真実である。高い人格と能力を併せ持ち、さらに自信にあふれているリーダーだけが、なんらかの点で自分よりすぐれたメンバーを求める。その結果、そういうリーダーはたいへん強いチームをつくり上げることができる。

強いチームのリーダーは、メンバーを褒め、戦いやすい環境を上手につくります。
メンバーの長所を探し、彼らのモチベーションを高めることが、リーダーの仕事なのです。

私はこの話を読んで、漢の初代皇帝である劉邦を思い出しました。
劉邦は武人としての才能はありあせんでしたが、人心を掴む力はありました。
軍事は韓信、戦略は張良、補給は蕭何の力を借り、いくつもの危機を乗り切ったのです。
人間的な魅力で、優秀な人材を引き寄せた劉邦が、天才項羽との戦いに最終的には勝利します。
敗れた項羽が自分の武力を過信し、部下からのアドバイスを無視したのとは逆に
部下の力をまとめることで、劉邦は天下を統一したのです。

劉邦のように自分よりすぐれたメンバーを集めることで、強いチームが作れます。
勝てる組織をつくりたいリーダーは項羽ではなく、劉邦を目指すべきなのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
ボブ・バーグの関連記事はこちらから
敵を味方に変える技術の書評はこちらから

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-03-20-20-14    

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: aViaTioNuT What it takes to be a leader! via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る