悪い習慣をやめたい時にもゲームが効果がある?

習慣化

米国ガン協会、ブラウン大学、ストーニーブルック大学の研究者チームが、ニコチンを断たれた喫煙者が配偶者(パートナー)とふたりで協力ゲームをプレイすると、欲求を抑えられることを発見した。(ジェイン・マクゴニガル

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-11-11-12-28 photo credit: luipermom 160514_152828 via photopin (license)

ジェイン・マクゴニガルスーパーベターになろう!書評を続けます。
私は今までゲームを嫌ってきましたが、本書を読むことでその考え方を改め
テトリスを1日数回プレイするようになりました。
この結果、不安や欲求を抑えたり、集中力がアップするなど
ジェインが教えてくれたゲーム効果を実感しています。

やめたいと思っている煙草を吸いたくてたまらない状態でも
ソーシャルなゲームやパズルをすることで
別の神経経路から報酬が与えられたと脳が感じ、タバコを我慢できるようになるのです。
タバコをゲームやパズルに置き換えることで、脳が満足感します。
これはfMRIのスキャン画像からわかったことですが
ソーシャルゲームやパズルが、脳の報酬中枢にニコチンと同じ作用を促します。
同様にアルコール依存や食べ物、ドラッグに対する欲求も下げられます。
何かをやめたければ、ゲームをするか?恋をするかですね!!(笑)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スーパーベターになろう! [ ジェイン・マクゴニガル ]
価格:2160円(税込、送料無料) (2017/1/8時点) 

また、ゲームには不安を除去する効果もあります。
悪いことを考えそうになったら、騙されたと思って、短時間ゲームをしてみましょう。
ゲームにフォーカス、集中することで
注意のサイクルが破壊され、気持ちが落ち着きます。

ゲームをプレイすることは、悪いことが起きるかもしれないという想像をやめるきっかけになる。ゲームは注意のサイクルを破壊するからだ。

なんと手術前の子供にもゲームが効果があったというのです。
ニンテンドーDSなどの携帯ゲームを手術前に許可された子供たちは
不安をほとんどまったく感じなかったそうです。
そして、手術後もその効果は続きます。
ゲームをした子供たちは麻酔から醒めた後でも
薬を与えられた子供たちの半分以下の不安しか感じず
薬の副作用も皆無だったとのことです。

このようにゲームは瞑想と同じような効果があります
少しで不安を感じたら、深呼吸をする!
あるいは、ゲームに手を伸ばすのもよいかも知れません。
ただし、やり過ぎには注意が必要です。
何事もほどほどが肝心です。
ゲームに時間を奪われると本当にやりたいことができなくなってしまいますから!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

     
       

Loading Facebook Comments ...

コメント