3月29日のlooops.TVのソーシャルおじさんは「ふるさと納税」についてお話ししました。

東北 関東大震災でご自分も被災された
@iwamatsumasaki 
仙台の税理士・岩松正記さんが
twitterで「ふるさと納税」について提案しています。

岩松さんから「ふるさと納税」のリリースを
いただきましたので、説明させていただきます。
「ふるさと納税」とは、任意の地方自治体
(ここでは都道府県、市町村および特別区。以下同じ)
に自分の支払う住民税を寄付することができる制度です。
簡単にいえば、来年支払う住民税を前払いで
自分の好きな地方自治体へ住民税を納めるもので
複数先へ寄付することもできます。
寄付した金額は
その年の確定申告で寄付金控除を受けることができ(H23より2,000円以上)
節税にもなります。
メリットとしては
被災した地方自治体に直接、確実に届く
「復興のために使って欲しい」などと使途を指定できる
全額が中間搾取なく支援先に届く
などがあります。

今回、少しでも岩松さんや東北、関東で被災された方の
復興に役立てばと思い
looops.tvでご紹介させていただきました。
私の話は1時間3分ぐらいからスタートです。
趣旨に賛同いただける方は
@iwamatsumasaki をフォローいただき
詳細情報を取得ください。
ご協力よろしくお願いいたします。

岩松さんの「ふるさと納税」ツイートまとめ
ネタフル コグレさんのブログはこちらから

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
書評ブログ!徳本昌大のライフチェンジ・ブログ
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました