開店と同時にタリーズに入店、静かな環境でカフェについて考えてみる。

近所のショッピングセンターに来ています。
開店と同時にタリーズに入店、誰もいない店舗
日曜日の朝のタリーズのの静かな環境でブログを書き始めました。

先日Facebookで「スタバでの仕事は捗りますよね」
というコメントを書いたら
賛成してくれる人が多かったのですが
その理由が気持ちのよいノイズではないかという議論になりました。
気持ちのよい音楽
スタッフの「こんにちは」という親しみのある挨拶
お客さんの笑い声、打ち合わせの空気感などなど。

スタバやタリーズの良いところは
1、ゆったりとしたソファ 座席の距離感 おしゃれ空間の居心地よさ
2、スタッフの気持ちよい応対
3、一生懸命一人で勉強や仕事をしている他者の存在
4、当たり前ですが比較的美味しいコーヒー
5、電源 Wi-Fiなどのノマドワーカーのための環境
6、いい音楽 談笑など脳を刺激してくれるノイズ

などから形作られている気がします。

そうなんですよね!
スタバやタリーズはなんだかお客さんがみんなが
ハッピーに話していたり。過ごしている感じがします。
そのハッピーの空気感が良いノイズを生み出して
仕事していても気持ちがよいのかもしれません。
今、お邪魔しているタリーズも
だんだんお客さんが増えてきて
静かな雰囲気から、
楽しいノイズのある空間に変わり始めました。
ちょっと脳がリラックスし始めました。
この脳のリラックスを求めて
私はスタバやタリーズでノマドに働いているのかもしれません。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

Loading Facebook Comments ...

コメント