開店と同時にタリーズに入店、静かな環境でカフェについて考えてみる。

近所のショッピングセンターに来ています。
開店と同時にタリーズに入店、誰もいない店舗
日曜日の朝のタリーズのの静かな環境でブログを書き始めました。

先日Facebookで「スタバでの仕事は捗りますよね」
というコメントを書いたら
賛成してくれる人が多かったのですが
その理由が気持ちのよいノイズではないかという議論になりました。
気持ちのよい音楽
スタッフの「こんにちは」という親しみのある挨拶
お客さんの笑い声、打ち合わせの空気感などなど。

スタバやタリーズの良いところは
1、ゆったりとしたソファ 座席の距離感 おしゃれ空間の居心地よさ
2、スタッフの気持ちよい応対
3、一生懸命一人で勉強や仕事をしている他者の存在
4、当たり前ですが比較的美味しいコーヒー
5、電源 Wi-Fiなどのノマドワーカーのための環境
6、いい音楽 談笑など脳を刺激してくれるノイズ

などから形作られている気がします。

そうなんですよね!
スタバやタリーズはなんだかお客さんがみんなが
ハッピーに話していたり。過ごしている感じがします。
そのハッピーの空気感が良いノイズを生み出して
仕事していても気持ちがよいのかもしれません。
今、お邪魔しているタリーズも
だんだんお客さんが増えてきて
静かな雰囲気から、
楽しいノイズのある空間に変わり始めました。
ちょっと脳がリラックスし始めました。
この脳のリラックスを求めて
私はスタバやタリーズでノマドに働いているのかもしれません。

ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
書評ブログ!徳本昌大のライフチェンジ・ブログ
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました