いろいろなハンバーガーが有りますが、フレッシュネスバーガーという選択肢もありますね。

ブログ

年に数回突然ハンバーガーが食べたくなります。
それはホテルのカフェに行ったときに、 デラックスなハンバーガーを
メニューで見つけてしまった時だとか
マクドナルドの看板を見つけて
パブロフの犬状態でダブルチーズバーガーを食べたくなってしまった時だとか
ソーシャルメディアで美味しそうなハンバーガーの写真を見てしまった時とか!
でも、考えてみるとほとんどハンバーガーを食べたくなる時って
ソーシャルおじさんの場合は
自分の意志ではなく、写真や看板が影響していますね。
ラーメン、カレーや寿司などは自分の意志で
ラーメンを食べるぞーという激しい欲求から食べにいくのと
写真などからインスパイアされるハンバーガーには何か大きな違いが有ります。
我ながら不思議ですね。笑い。

そして、今朝9月2日掲載の日経MJを読んでいたら
  フレッシュネスアボカドバーガーの記事を見つけてしまいました。
サラダにアボカドが乗っていればオーダーしますし
回転寿しでもアボカド系ばかり頼むソーシャルおじさんにとって
アボカドバーガーと言うのはたまらない企画です。
日経のMJの記事によると3月10日に発売されてから
620円というプライスにも関わらず
計画比3から4倍で推移している成功商品だそうです。
(この商品の事知っていましたか?私は知りませんでした。) 
成功の秘訣は、開発者の柳沢真由美さんの執念かと思います。
柳沢さんは家でアボカドを育てる程のアボカド好きだそうです。
アボカドをたっぷり使うためには、値段が高くなってしまいますが
フレッシュネスは勝負に出て勝ちます。
大手ハンバーガーチェーンとの激しい競合の中で
アボカドたっぷりというヘルシーな切り口が
想定ターゲットの女性客のみならず、男性客からも支持されました。
小さいチェーンだから品質管理や調達が可能なのですね。
アボカドがブルーオーシャンだったのです。
消費者に選ばれる仕掛け(アボカド)が大事だったのですね!
そう、柳沢さんのアボカドに対する愛情が
このヒット商品を生んだのではないでしょうか?
アボカド好きのソーシャルおじさんは
さすがにフレッシュネスのターゲットではなかったのか
今日初めて、フレッシュネスのアボカドバーガーを知りましたが
アボガド好きとして、近々チャレンジしてみます。
因みにアボカドバーガーはこのヒットのおかげで
フレッシュネスの定番商品になったそうです。
開発者の好きだとか愛情などがソーシャルメディアを
使えば消費者にうまく伝わっていくはず
このあたりをクライアントの皆様に引き続き
提案させていただこうと
この日経MJの記事を読みながら思いました。
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから
オルタナティブ・ブログ書き始めました。

Loading Facebook Comments ...

コメント