Facebookのアクティブユーザー数、日本は極端に低いですね。

ブログ

先週のニュースでちょっと古いのですが
nielsenが5月17日、Facebookに関するユーザー動向調査結果を発表しました。

今年3月に1回以上Facebookを訪問した人(ユニークビジター)の数は
アメリカが1億5276万3000人で最多でした。
ユニークビジターが多いのはブラジルで、3813万8000人。
この後にフランス(2833万5000人)、英国(2573万7000人)
ドイツ(2450万8000人)、イタリア(2127万人)などが続いています。
我が、日本にのユニークビジター数は1487万7000人で、
nielsenが調査対象にした国の中では8番目だといことです。
インドネシアなどアジアのFacebook大国が含まれていませんが
日本での利用者は確実に増えているようです。

しかし、ネットにアクセス した人口に占める訪問者数の割合(アクティブリーチ)はニュージーランド、台湾、ブラジル、イタリアがアメリカを上回っています。
Facebookは最早、アメリカだけでなく世界中のユーザーが
熱心に使っているプラットフォームだと判ります。

ブラジルと言えばOrkutがソーシャルメディアの代名詞でしたが
Facebookが昨年8月にOrkutを抜いてブラジルナンバー1SNSになっています。

日本はかつてはMixiの天下が続いていましたが、身売り話など淋しい話が続いていて
Facebookのアクティブリーチが高くなっているのかと思いましたが
実態は24.4%と調査対象国の中で極端に低い結果になっています
これは、日本ではブログがまだまだ人気が高いからだと、nielsenは解説しています。

今更、ブログですか?という声が聞こえてきそうですが
検索にも適応して、情報がストック可能なブログはやはり重要です。
今回のアクティブリーチの結果からも
Facebook時代にもブログは日本では力を発揮していることがわかります。
現在の日本でのコミュニケーションデザインにFacebookとブログは必須かもしれません。
Follow Me on Pinterest       
オルタナティブ・ブログ書き始めました!   
ソーシャルおじさんのFacebookページはこちらから  
    

Loading Facebook Comments ...

コメント