失敗で落ち込まないで、成功に繋げるランチタイムのライフハック!

日々、アクティブにアクションを起こすことで人生が変わり始めました。
一番変わったのは、失敗をくよくよと無駄に悩まなくなったことです。
以前は、失敗すると相当落ちこんだのですが
今は失敗してもすぐに立ち直るテクニックを身につけました。
その失敗を成功の糧にできるようなライフハック術を生み出したのです。

基本はポジティブ時間でネガティブ時間を失くすと言う考え方です。
失敗してもくよくよする時間を作らなければよいのです。
一人でアクティブに失敗を整理し、次に繋げる施策を考えたら
あとは頭を切り替えて、「悩む」に時間を費やさないことが大事です。
一人でくよくよする時間を足し上げたら、とてももったいないですよね。
私は失敗してしまったとしても、あえて一人で悩まない仕掛けを作っています。

その方法はできるだけアクティブな方々に会い続けられるように
自分のスケジュールに予めポジティブ時間に割り合てるのです。
月に数回の朝活とパワーランチがそれに当たります。

日々のランチをキーパーソンとのパワーランチとして設定しているのです。
元気な方からランチタイムにエネルギーを貰う作戦です。
『失敗とは、よりよい方法で再挑戦するいい機会である。』
ヘンリー・フォードの世界観を地でいっているような経営者やコンサルタントとの
パワーランチをほぼ毎日私は設定しています。
ネガティブなことを言わない方と毎日会う習慣を作れば
脳がポジティブな方向に騙され、くよくよしなくなるのです。

また、彼らに自分の失敗談をお話しして、アドバイスを受けられれば
それが成功への次へのステップにもなります。
当然アドバイスを頂くだけではありません。
その逆もあります。彼らの悩みを聞き出してアドバイスをGiveするのです。

どんな方にも悩みはあります。
ランチに明るく悩みを聞き出せれば、他者のために自分を役立てることもできます。
そのためには解決するためのネットワークや最新のソリューションが必要になりますが
日々のランチで人脈も知識も鍛えられているので
いつの間にか役立つ情報をパスできるようになりました。
人に役立つことが出来れば、失敗したこともいつの間にか忘れてしまい
次へのチャレンジがすぐに出来るのです。
本当にパワーランチを続けてきた御陰で人生はポジティブに変わりました!

何週間か先までのランチの予約が埋まっていて、忙しくはなるのですが
人生を明るく楽しくしてくれるパワーランチという習慣は辞められません。
そして、パワーランチの重要性を再認識させてくれたのがこの一冊です。
 
口べたでも1時間で誰とでも仲良くなれる技術 ランチは1人で食べるな!
この一冊で、普段のランチが強力な武器に変わりますので、ぜひご一読ください。
ランチの誘い方、お店の選び方など実用的な内容もとても参考になります。

Photo Credit http://www.flickr.com/photos/werkunz/4152334926/

この記事を書いた人
徳本昌大

 
●複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。

●多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。

●著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント