書き続けるためにはリズム、そして五感を鍛えることが大事だという仮説

ブログ

このブログの記事が実は1000本を超えていました。

一応毎日書き始めて、今日で942日が経過しています。
もうすぐ1000日になり、これが私の小さな自信に繋がっています。
書くことが、完全に習慣になり、毎朝楽しく更新できるようになりました。
苦しい日もありますが、書き始めると楽しくなるから不思議です。

今も通勤電車の中からLedisiのTurn Me Looseを聴きながら
iPhoneでテキストをタイプしています。
 
私の中では、電車の中やスターバックスがブログの更新に向いているようです。
少し雑然とした空間で人が近くにいる空間で大好きなR&Bを聴きながら
ブログを更新するのが私の脳に一番フィットしています。
昨日、コンサルタントの高橋政史さんとお話ししていたのですが
文章を書くときにはリズムが大事だと言う話しで盛り上がりました。
自分のリズムを作り出すBGMや空間選びで
文章のできも変わるような気がしています。
脳を刺激するポジティブな空間、朝の通勤電車の音とR&Bのリズムが
いい意味で私のやる気を刺激してくれます。
また、朝から文字をタイプすることで脳が不思議と動き始めます。
朝の習慣として、ブログを書くことで脳をいち早く活動させられるのです。

ブログを書く前にiPhoneでニュースをチェックしたり
ネタ帳で社内でウオーミングアップしてから一気に車内で書き始めます。
視覚、聴覚を使いながら、自分のリズムでタイプすると30分程度で
ほぼ、ブログは書き終わります(集中力も鍛えられます)。

間にちょっと乗り換えのために、一駅ほど歩いて頭を再度整理して
銀座線で座って、MacBook Airを使って再び作業を開始します。
ブログのリンクを貼ったり、写真をセレクトして、その日のブログを完成させます。
この一連の作業が私の朝の脳には、とてもよい効果がありそうです。
(※いろいろな情報を取捨選択しているという意味です)
ブログを書き上げた後には、小さいですが達成感もあり
一日のスタートがしっかりと切れるのです。

ブログを書くことも、私の中での一日のリズムを作り出しています。
書いているときも五感を相当使っていますから
きっと私のやる気、モチベーションはブログを書くことからも
生まれているのかもしれません。

ブログを書くためのよいリズムを作り出しているから、五感が鍛えられているのか
五感が鍛えられたから、ブログを書けるようになったのかはわかりませんが
ブログを継続することで、脳が楽しくなっていることだけは間違いありません。
その楽しさを作り出しているのが、ミュージックプレーヤーでもあり
文字入力や情報収集もできるiPhoneだという厳然たる事実があります。
そういった意味で私の人生を楽しくしてくれたのが
ビジョナリストでもあったスティーブ・ジョブズなのは間違いありません。

そのiPhoneの魅力を語るセミナーを開催します。
■コラボセミナーのお知らせ

今回、ソーシャルメディアとiPhoneを武器にして
日々を面白くするセミナーをAnegoesの山田トモミさんと企画しました。
9月24日に先日オープンしたばかりの銀座のBeezで開催します。
セミナーの詳細はこちらからお願いします。

アプリそうけん(スマホのアプリ紹介)はこちらから
キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)

 
Photo Credit 

Loading Facebook Comments ...

コメント