習慣化の基本はやめないこと。ブログを継続する簡単な方法。

ブログ

ほんのちょっとのキッカケから習慣はダメになることが多いです

体調か悪くなると、朝の早起きができなくなります。
次の日にちゃんと起きられれば、問題ないのですが
いったん言い訳がでてくると、早起きが難しくなり
いつの間にか、遅く起きることが定着してしまうのです。

実は、今週末に風邪を引いてしまいました。

体調管理ができていないことに腹が立つのと同時に、
朝の早起きができず、時間が押せ押せになってしまいました。

薬が効いているせいか、珍しくやる気が出ません。
何をするのも億劫で、先ほどまではブログを書くのも面倒に思えました。

なんとか今、通勤電車の中で、このブログをiPhoneから書き始めましたが
もし、ここでiPhoneを取り出し、ブログを書き始めなければ
今日の更新はできなかったかもしれません。

ここで、ブログを書かないと、明日から二度と書けない気がして
テーマも決まっていないのに、iPhoneで必死にテキストをタイプしてみました。
しかし、不思議なもので、ブログを書き始めたら
あれほど書くのが億劫だったのにも関わらず
脳が動き始め、文章がスラスラ書けるようになってきました。
脳の中のネガティブなイヤイヤ病も退治でき
気分も相当明るくなったのです。
もし、30分前の嫌な感情のままで、アクションを起こさなければ
ブログを毎日書くという大事な習慣がストップしていたことでしょう。
私の中の小さ自信が崩れていたかもしれません。
電車の中でiPhoneを取り出して、ブログを書き始めたことで
ほんのちょっとのアクションを起こしただけで、結果はこのように変わります。
毎日、小さな決断を繰り返した結果が今なのですから
できるだけ ポジティブな方向へ進んでいきたいと思います。
億劫だとか面倒だとかという感情はゴミ箱に捨てて
よい方向に進む判断をしたいと思います。
また、良い習慣をやめてしまうと、ペースを取り戻すまでにとても労力がかかります。
一旦、ブログを書かなくなるとやらない言い訳を脳が幾つも考え始めるのです。
その結果、行動が制御され、悪い方向に進んでいくのが人間の常です。
ブログを書かなくてもよいという感情に支配されてしまうと
簡単だった「継続」が一気に難しくなってしまいます。
逆に、やめないをモットーにアクションすれば
習慣化のマジックで脳がなんとか継続させてくれるのです。
風邪で辛いからと言い訳をするのではなく
風邪だからこそ、短時間でブログを書き終えようと決め
サッサとアクションを起こして、やめなければ良いのです。
やめないこと、これが習慣化の最大の秘訣なのです。


セミナー告知①
WordPressの専門家の金丸たけおさんとコラボでセミナーを開催します。
なぜソーシャルメディア時代にブログやGoogle+が有効なのかを
ソーシャルおじさんズで解説したいと思います。
お問い合わせ、お申し込みはこちらをクリックください。

■セミナー告知②
11月14日に東南アジアのソーシャルメディアセミナーを開催します
アジアクリックの高橋学さんと月一回現地の
ソーシャルメディア最新レポートをお届けしています。
東南アジアで成功する秘訣を事例とともにわかりやすくお話しします。
 「アジア最新ソーシャリアルビジネス事例セミナー」
詳細はこちらをクリックください

キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)

Loading Facebook Comments ...

コメント