ソーシャリアルのネットワークの拡大が幸せを引き寄せるという法則

ブログ

この三年間で多くのソーシャル経由の仲間を作ることができました。

ソーシャルメディアを通じて、友達を見つけ、共感する投稿をしている方には
実際に会ってみることを心掛けていたら
ネットワークがいつの間にか大きくなり、私の大切な資産になっていました。

ソーシャルメディアで友達を増やす⇒共感した方々とリアルで仲良くなる⇒
ソーシャリアルのコミュニケーションで関係を強化する⇒
一緒に勉強会などのプロジェクトを開催したり、ビジネスをしてみる
という好循環をソーシャルメディアで構築できました。
また、セミナーや勉強会で出会った方とも、その場で名刺交換だけでではなく
ソーシャルメディアのアカウントを教え合うことで
交流をすぐに始められるようになりました。

以前であれば、社交辞令で今度食事にでもという挨拶をかわしても
次回に会うことはなかなかなかったですよね。
しかし、今はFacebookで友達になれば、帰りの電車の中で
アポのやり取りがFacebookメッセージで簡単にできますから
翌週にはランチを食べ、ビジネスのミーティングをするなんてことが起こります。
ソーシャリアルでネットワークを拡大し
その中でビジネスの情報をパスし合うことで
新たなパートナーを友達経由で紹介していただけたりもします。
ソーシャルおじさんズのメンバーが増殖していったのも
実は、このビジネス情報のパスが大きく寄与しています。
メンバーの誰かが課題を持っていたなら、その課題を解決出来る人を
ソーシャルリアルで探せば、ネットワークの力で短時間で見つけることができます。
そのやり取りを通じて知り合った方に
メンバーになっていただくことも増えてきました。
時には、その出会いからビジネスが動き始めたりもします。

また、リアルでメンバーになりたい方をご紹介いただくことも多いのですが
そこで、思わぬ発見をすることがあります。
数人のメンバーで情報交換をすると
今まで知らなかったお互いの隠れた資産や人脈のネットワークが見つかり
そこから、新しいプロジェクトが生まれたりします。
ソーシャルおじさんズというコミュニティが
いつの間にか出会いのエンジンになっていたのです。

会社の経営者やコンサルタントが集まった梁山泊のようなコミュニティの
ソーシャルおじさんズを作ったことで
人と情報が私の周りに集まるようになり
私の人生は以前に比べ、間違いなく面白くなったのです。
55人とのメンバーともソーシャルメディアがなけれは
多分出会わなかったでしょうし、
二冊目以降の書籍の出版もここまでスムーズにはいかなかったと思います。
編集者の方との不思議な出会いも含め
ソーシャリアルのコミュニティや勉強会に参加し
情報をインプット&アウトプットすることで
私の周りに人やビジネスが引き寄せられてくるようになったのです。
ソーシャリアルのネットワークを拡大し
そこでのコミュニケーションを日々続ければ
やがては人がチャンスを運んできてくれるのです。
最近、セミナーでご一緒する山田トモミさんとも
人形町のカフェで偶然紹介してもらい、ソーシャリアルで交流を続けてきました。
iPhoneという共通点があったからこそ、年齢も性別も違うのにも関わらず
いつも楽しく情報交換させてもらっています。
アプリそうけんという私のプロジェクトも
iPhoneを使う女子の視点で執筆いただき、応援してもらっています。

その山田トモミさんと大阪のソーシャリアルの友人に会いに行くことになりました。
『ソーシャルおじさんズ&Anegoes in大阪「iPhoneオタクの仕事術!」という
iPhoneのセミナーを来週11月15日に開催します。
関西のソーシャリアルの友人の黒瀬 光庸さん、田村 智史さん、桶下 眞理さんとの
ご縁、ご尽力でこのセミナーが開催できます。
皆さんには心から感謝申し上げます。
今回のこのセミナーで大阪の方とのリアルの交流を楽しみたいと思います。
詳細はこちらからお願いします。

セミナー告知①
WordPressの専門家の金丸たけおさんとコラボでセミナーを開催します。
なぜソーシャルメディア時代にブログやGoogle+が有効なのかを
ソーシャルおじさんズで解説したいと思います。
お問い合わせ、お申し込みはこちらをクリックください。

■セミナー告知②
11月14日に東南アジアのソーシャルメディアセミナーを開催します
アジアクリックの高橋学さんと月一回現地の
ソーシャルメディア最新レポートをお届けしています。
東南アジアで成功する秘訣を事例とともにわかりやすくお話しします。
 「アジア最新ソーシャリアルビジネス事例セミナー」
詳細はこちらをクリックください

キーマンズネットのFB記事連載です。(4月22日更新)

Loading Facebook Comments ...

コメント