コンテンツをアウトプットするエキスパートになるためのたった3つの方法

習慣化

ブログを書き始めた時に「誰がこの記事を読むのだろか?」と不安になりました。
「だれが自分の話を聞くだろうか?」という質問を
セミナーを始める時にも何度もしました。
しかし、それは結局は杞憂にすぎず、今では、悩んだことが馬鹿らしくすら思えます。
実際は、アウトプットすることで、多くの方々から感謝されるのですから
勇気を持ってチャレンジすべきなのです。
スクリーンショット 2015-02-15 18.55.06
もし、あなたがブログやセミナーをスタートしたいのなら、この一冊を読むとよいでしょう。
ブレンドン・バーチャード自分の価値を無限大にする仕組み 人助け起業を読めば
ブログやセミナーをスタートする際の恐怖感を撃退できますし
そのアウトプットが誰かの役に立つ価値のあるものだと理解できます。
私も当時この一冊を読んでいたら、無駄に悩まずにすんだのです。

人前でコンテンツをアウトプットするエキスパートになるための方法を
ブレンドン・バーチャード
はたった3つのキーワードで整理しています。

■成果エキスパート
■調査エキスパート
■ロールモデル
の3つを体得すれば、アウトプットが怖くなくりますし
人の悩みを解決しながら、なんと収入まで得られるようになるのです。

そのために、まずは、成果エキスパートになりましょう。
自分のコンテンツは世界中の多くの人には価値があるものだと信じるのです。
自分より知識や体験のない人にとって
あなたのコンテンツは役に立つものだと信じましょう。

忘れてはいけないこと その1。
人生というハイウェー上では、あなたのうしろを走る人たちがたくさんいて、あなたがすでに学んだ教訓はそうした人々にとって価値があり有益である。

次に、調査エキスパートになるのです。
徹底的に調査し、コンテンツを自分ゴト化し発信できれば
あなたはその道のスペシャリストになれるのです。

忘れてはいけないこと その2。
エキスパートはまずは学ばなければならない。どんな分野であっても、調査して学べば、そのエキスパートになれる。いまからでも遅くない。

一気に集中し学び、コンテンツのクオリティを上げていくのです。
それをどんどんアウトプットしていくことで
Googleやソーシャルメディアが味方になり
信じられない結果を得られるようになるのです。

最後に、人々があなたのコンテンツを信頼する仕掛けが必要です。
そのためには、ロールモデル(役割を担う力)が必須になります。

忘れてはいけないこと その3。
人々が耳をかたむけるのは、信頼、尊敬、称賛できる人の言葉、したがいたいと思えるような人物の言葉である。要するに人々はロールモデルの言うことに耳をかたむける。

自分が人々から尊敬を受ける存在になるのです。
そのためにはアウトプットが必要になります。
多くの人が、著者やブロガーにアドバイスを求めると
ブレンドン・バーチャードは以下のように説明しています。

こうした例は異様とまでは言えないまでも、驚くべきことではある。だが、世間の目にふれて評判が良い人々にはたえず起こることなのだ。どのような分野・業界の事業主、講演者、著者、セレブ、プロガー、ユーチューブ使用者、リーダーも、自分の知識、技術《経験、能力を完全に超えているアドバィスやコンサルティングやコーチングやコンテンツをたえず求められるものなのである。しかも相手は報酬まで出すという。なぜか?それは人間が、信頼、尊敬、称賛でき、したがいたいと思う人からアドバイスを得たいと思うからだ。ひとことで言えば「人間は善良な人から情報を得ようとする。」

世間の評判をとるためには、Googleの検索結果に表示去ることが重要な時代になりました。
ユーザーが探しているキーワードにフィットするコンテンツを用意できれば
多くの人があなたを認知し、記事が素晴らしければ、信頼してくれるようになります。
ブロガーやYouTuberは課題を解決するコンテンツを日々更新することで
読者や視聴者からの信頼を勝ち得ているのです。
書籍を出版したり、講演することで、人はあなたを称賛してくれるのです。

アウトプットを徹底し、信頼を得られるようになれば
私たちはやがてそこから収入すら得られるようになります。
ブレンドン・バーチャード自分の価値を無限大にする仕組み 人助け起業の中で
エキスパート(他人にアドバイスできる者)になれば
人助けをしながらお金儲けができると力説しています。
人助けとは、すなわち悩んでいる人の課題を解決することなのです。
あなたの経験や知識は、必ず誰かの役に立つと信じて
アウトプットをするだけでよいのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

  

Loading Facebook Comments ...

コメント