あっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方(OZPA著)の書評

習慣化

ブログをWordPressに変更してから、早3ヶ月が経過しました。
ちょっとこの辺りで自分のブログについて振り返りながら
ブログとは何かを整理してみようと思います。
ちょうどOZPA氏のあっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方を再読していたので
今日は本書からインスパイアされたことをまとめながら
ブログの良さについて、書いていこうと思います。

スクリーンショット 2015-04-05 10.30.24
OZPA氏はあっという間に月25万PVをかせぐ人気ブログのつくり方の中で
以下の4つの力がブログには重要だと書いています。

「ふつうの人」でもできるとは言え、いま述べたようなことを実現するためには、多少の行動力と、素直さと、継続する力、そしてプログを楽しむ心と、愛しさと、切なさと、心強さが必要かもしれません。最後三つはどうでもいいです。何かを成し遂げるために「行動力」が必要であることは言うまでもありません。先哲の教えを実現するのであれば、それを信じる「素直さ」が欠かせません。さらに、プログのアクセスアップに密接に関わってくるのは「蓄積」という単語で、それを試すには「継続する力」が当然必要になってきます。そして最後に、やっていて楽しくないプログは苦痛以外の何も生みません。どうせやるならあんまり構えずに楽しんで事を運ぶのが一番重要だったりするのでしよう。そう、これが「プログを楽しむ心」です。

ブログに重要な4要素
1、多少の行動力=ブログを書かねば、始まりません。
2、素直さ=先人の教えを聞く力
3、継続力=記事のストックが重要
4、楽しむ心=好きなことを書く。苦痛は避ける。
とにかく、まずは、書くことを楽しむことだと思います。
行動すること=書き続けることで、幸せになれると信じましょう。
毎日、ブログを書くことで、実際、多くの引き寄せが始まります。
いろいろな人に出会えたり、アドバイスがもらえたりするなど
ブログを書くことによって、人生をより楽しくできます。

しかし、そのためには記事の蓄積が欠かせません。
記事が多くなれば、Google検索に引っかかり
情報を探している人に発見してもらえます。
また、ソーシャルメディアのファンがシェアしてくれるようになりますから
続けていれば、記事が露出する可能性が高まります。

好きなことを書き続ければ、記事が増え
人に見つけてもらえる可能性が高まります。
書けば書くほど良いことが起こるわけですから
諦めずに、楽しみながら記事を更新しましょう。
半年もすれば、この良い循環が訪れるはずです。

プログは書き続けることで視点が広がり、興味のある項目が増え、さらに記事が蓄積していくことで自分そのものを形成することができる

書けば書くほど、視点が広がります。
書きたいことが増えれば、自分を成長させられるのです。
私もiPhone&ソーシャルメディア→習慣化→書評→生産性向上→引き寄せ→海外ビジネス
と書くテーマがどんどん広がり、それによってビジネスの領域が広がっています。
広告会社の営業だった私が多分野のコンサルを任されるようになったのも
書き続けた効果だと思います。
ブログで視点を広げ、書き続けたことが、私のビジネスを変えてしまったのです。

「更新すれば記事は必ず増える」という事実は、誰にも否定することができません。そんなの当たり前じゃないかって?そうですね。当たり前ですね。しかし、その「当たり前」を本当に理解しながらプログを続けているのと、そうでないのとでは、確実にプロガーとしての「成長の伸びしろ」が違ってまいります。

そうなんです。
この「当たり前」ができるかどうかで、成長のスピードが変化するのです。
ブログを書けば書くほど、良い報せが舞い込んできます。
ブログの更新によって、チャンスを得られる可能性が高まります。

私の場合、面白いことはこのブログ記事から始まることが多くなりました。
そこからの出会いやチャンスが生まれ、ビジネスに繋がるようになったので
ブログを書かないという選択肢は私の中で完全に消えました。
書いてチャンスをつかまえられるのなら、書いた方が良いに決まっています。
書く頻度を上げたのも、ここに理由があるのです。

また、WordPressに変更したおかげで
このブログのトラフィックも増えてきました。
チャンスに出会える可能性もたかまったのです。
コンサル・サポートいただいた金丸たけお氏には本当に感謝しています。
金丸さん、ありがとうございました!
このブログのおかげでビジネスがますます面白くなってきました。
引き続きみなさんのお役に立てる記事を更新していきたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

  
photo credit: Paloma y Leo via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント