エネルギーを燃やせば燃やすほど、ぜんぜん別な世界観が出来てくる。

習慣化

強く生きる言葉岡本太郎著)を再読しています。
本書は、天才岡本太郎の熱いメッセージを集めた名言集なのですが
彼のメッセージには妥協はありません。
自分らしく生きろ!と叱咤激励されることで、元気をもらえます。
スクリーンショット 2015-06-13 14.31.20

ひよわになっている時に本書を読めば、自分を失ってはいけないと思えますし
アイデアが枯れたときに読むと、行動を起こし、状況を変えたくなります。
本書の冒頭から岡本節が炸裂して、読むと、言い訳をすぐに捨てたくなります。

よく、あなたは才能があるから、岡本太郎だからやれるので、凡人にはむずかしいという人がいる。そんなことはウソだ。やろうとしないから、やれないんだ。それだけのことだ。

たとえ、凡人でもやる気さえあれば、私たちはチャレンジできるのです。
時間がない、金がない、チャンスがないと言い訳を数え始めたら
あっという間に10や20の言い訳が頭に浮かんで、行動を制限してしまいます。
まずは、やりたいことを見つけて、一歩でもよいのでアクションを起こすことです。
これで、現状を変えられるようになります。

本書を読むと、岡本太郎が実の父のように思えてきます。
彼の言葉を真摯に受け取れば、自分の中の勇気が大きくなっていくはずです。

いいかい、怖かったら怖いほど、逆にそこに飛び込むんだ。やってごらん。

怖いと感じる所にこそ、チャンスがあるのだと岡本氏は教えてくれます。
恐怖を感じたこと向かっていけば、たとえ失敗したとしても行動した事実は残ります。
また、実際にチャレンジしたことで、行動することが、怖く無くなるのです。
この言葉を自分のアフォメーションにすることで、勇気を養えるはずです。
多くの場合、私たちが恐怖だと感じるのは、他人の視線なのです。
失敗した時の恥ずかしさが、恐怖になっているはずです。

4年前にこのブログを書き始めた時にも、私は恐怖を感じていました。
有名ブロガーの視線が気になったり
読者からバカにされたらどうしようといつもビクビクしていました。
しかし、それは杞憂でしかなかったのです。
多くのブロガーは書くための秘訣や心構えをアドバイスしてくれました。
また、読者の方からは、記事が面白かったというあたたかい言葉もいただけました。
笑われるどころかブロガーとして、周りの方から認めてもらうことで
私は書き続けられるようになり、いろいろなチャンスを引き寄せられるようになったのです。

あっ、すごい!という感動を起爆剤にする。自分の内部に起こったこの炎のような衝動。そして、よし、おれもという気持ちになれば、完全にエネルギ ーがスパークすることになる。

ブログを習慣化することで、私の内面は多く変わりました。
毎日、ブログを更新することで、自分に自信を持てるようになったのです。
気持ちがポジティブになり、 嫌な感情がなくなることで
いつもハッピーな状態に心を保てるようになったのです。
また、いろいろな方からブロガーと認められるようになり
書くエネルギーがスパークして、いつの間にかブログが私の生きがいになっれいました!

自分という人間をその瞬間瞬間にぶつけていく 。そしてしょっちゅう新しく生まれ変わっていく、エネルギーを燃やせば燃やすほど、ぜんぜん別な世界観が出来てくる。

48歳の時にスタートしたブログが、私の人生を日々面白くしてくれています。
ブログにエネルギーを燃やせば燃やすほど
過去とは異なる楽しい世界観ができあがってきたのです。
4年前に恐怖心に負けて、書くのをやめていたら、今の私はなかったはずです。
この場を借りて、私を応援してくれてた多くの方々に感謝したいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: Handscape five via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント