決断する力を持てば、いくつになってもやり直せる!

習慣化

高校を卒業する時に、将来何をしようかと決めている人はほとんどいません。大学を卒業する時も、大学院に行っているうちに考えればいいと考えています。とりあえずどこかの会社に入ってから考えればいい、親にパラサイトして決めればいいといって、30歳、40歳になっている人がたくさんいます。(中谷彰宏)

スクリーンショット 2015-12-01 9.16.02
日本人は、人生の選択を先延ばしをしても、生きていける環境で大きくなっているので
自分の決断を未来に先延ばしにしても、ほとんど問題はありません。
最終的に夢が実現できないために、被害を被るのは自分なのですが
豊かな日本で暮らしていると、なかなかそれに気づけません。
40代になってようやくやりたいことが見つかったりしますが
今度は、年を取りすぎたという言い訳で、夢を諦めてしまうのです。

実は、私も決断できる自分に変わる本中谷彰宏著)の言葉通りの人生を生きてきました。
高校時代も大学時代もあまり深く考えずに、決断を先延ばししてきたのです。
会社に入れば入ったで、アルコールに溺れ、自分の夢をごまかしてきました。
44歳の時にこれでは自分がダメになると思い、断酒を決めました。
遅まきながら私は、ここから人生をリスタートしたのです。

アンソニー・ロビンズブライアン・トレーシーの本を読んで
どうすれば夢が実現するかを学んだのです。
子供の時に本を書きたかったので、出版することを目標に自分を変え始めたのです。
まずは、出版のために自分ができることをリストアップし
やれることから一つ一つつぶし始めたのです。

あなたは何かを始める時、大きな夢や目標を持つ必要があります。そして同じく重要なのが、一歩一歩、着実に進むことです。 (チャンダ・コッチャ)

普通のサラリーマンに出版などできるわけないと何人かの友人に言われましたが
夢を諦めずに、読書会を開催したり、ソーシャルメディアでの発信を続けました。
人脈が大事だと考え、編集者や著者と会う頻度を上げました。
ソーシャルメディアも活用して、いろいろな人を紹介してもらいました。

2010年にUSTREAMで著者のインタビュー番組などを始めたのですが
ここから、面白いことが起こり始めたのです。
収録スタジオに著者と一緒に編集者が遊びにきてくれ
彼と何回か話をしているうちに、トントン拍子に私の出版が決まったのです。
番組を始めてから、わずか一ヶ月で企画が固まったのです。

Twitterでの情報発信、読書会の開催、iPhone活用
著者や編集者との人脈構築、USTREAMからのアウトプットなど
出版の可能性を広げることを考え
一歩一歩前進することで、私はチャンスを手に入れたのです。

目標を決め、自分にできることをリストに書き出したのですが
その時に考えたのが、誰と付き合えば、良い情報が得られるか?ということでした。
出版が目標なので、書くこと、読むことを自分に義務付けました。
ソーシャルメディアからの発信を習慣にしたのです。

また、友人の著者や編集者に何度も会い、彼らからアドバイスをもらいました。
著者や編集者に会うことで、自分にも出版ができるはずだというイメージを固めたのです。
自分も著者の一人になったというイメージ・トレーニングをしながら
毎日、文章を書き続けたのです。
実は、このイメージ・トレーニングがとても効果がありました。
まだ、出版ができていないにも関わらず、多くの著者と交流することで
自分が著者になったというイメージで、行動できるようになったのです。
今思うと、これが私の自信につながり、チャンスを引き寄せたのかもしれません。
目標を決めて、やるべきことを書き出すことから始めてみましょう。
何歳になっても夢は実現できると考えれば、行動が怖くなくなります。
小さな行動の積み重ねで、夢が叶うと最近の私は確信しています。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

    

photo credit: Henrijs via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント