「ブログはやめないこと」というアドバイスを守ることで、私が手に入れたもの。

習慣化

人間は負けたら終わりなのではない。辞めたら終わりなのだ。(リチャード・ニクソン)

スクリーンショット 2015-12-27 17.45.42
やめたら終わりだという言葉を何度も先輩ブロガーから聞いていたので
私はこのブログを書き始めてから、1日も休まずに書き続けてきました。
ブログを習慣化することで、諦めない心を鍛えることができました。
最初の数ヶ月は、ただ書いているだけで、ほとんど効果を感じられなかったのですが
半年が経ったあたりから、ブログ経由で良いことは起こり始めたのです。
ブログに書いたことが、現実になったり
会いたい人にブログ経由で出会えるようになったのです。

もし、途中でブログを書くのをやめていたら、私は何も得られませんでした。

努力が効果をあらわすまでには時間がかかる。多くの人はそれまでに飽き、迷い、挫折する。(ヘンリー・フォード)

しかし、書き続けることで、著者や編集者、経営者など今までとは違う人脈を手に入れたのです。
その結果、面白いプロジェクトに参加できたり、出版のチャンスをもらえたのです。
最初の頃はiPhoneやソーシャルメディアの記事を書き続けていましたが
最近は習慣化など、自分のやりたいことをこのブログに書いています。
その結果、習慣化や読書術の本を出版できました。

ドバイや東南アジアの記事を書くことで、海外でのビジネスが加速するなど
やりたいことがどんどん叶うようになったのです。
最初から長期でブログを書こうとしていたので、多くのインプットを心がけていたのですが
書いたことが実現すると気づいてからは、自分の夢をこのブログに書くようにしています。

有川真由美氏は、夢中になって行動することで、不思議な引き寄せが起こると
遠回りがいちばん遠くまで行けるで以下のように書いています。

いつのころからか、私の前には必要な人が、必要なときに現れるようになりました。不思議なほど、「ちょうどよかった!」というタイミングで、ありがたい恩人たちが引き寄せられるように現れ、やりたいことにチャンスを与えてくれたり、困っていることをサポートしてくれたりするようになったのです。それはきっと、夢中になって進んでいたからでしょう。人がどうの、境遇がどうの、というのは関係なく、自分のできることを最大限やることだけにフォーカスしているとき、自分の内側から驚くようなエネルギーがわいてくるだけでなく、まわりの人や、それを取り囲むさらに大きなエネルギーが味方になり、エネルギーの連鎖が次々に起こるようになる……。そうでなければ、不思議なほどのサポートがあり、自分の実力以上の力が発揮される好運は、説明がつかないのです。

ブログを書いて、実際に行動を起こすと
私の夢をサポートしてくれる人が現れるようになったのです。
ブログを書いて、ソーシャルメディアでシェアしたり
リアルの仲間に夢を話していいるうちに、新たな出会いが生まれ
私はそこから多くの果実を手に入れられるようになりました。

ご縁がつながることで、多くのプロジェクトが動くようになり
毎日がワクワクになり始めたのです。
昨年の夏あたりから、このパワーが加速し、面白いことが次々引き寄せられています。
ブログというアウトプットを習慣化し
夢を仲間と共有することで、私は強力なエネルギーを手に入れたのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

 

photo credit: Warning heart via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント