斎藤一人の絶対成功する千回の法則の書評

習慣化

笑顔がすべてをいい方向に導いてくれるわけです。しかも、笑顔でいると自然に考え方が前向きになってきます。一度試してみるといいのですが、笑顔のままで後ろ向きのことは考えられないものです。笑顔で暗い言葉をしゃべったり、嫌なことを思ったりはできません。(斎藤一人)

スクリーンショット 2016-04-23 23.00.16
斎藤一人の絶対成功する千回の法則
には
笑顔でいることが幸せになるための秘訣だと書かれています。
笑顔でいれば、周りを楽しくできますから、人間関係も良くなります。
自分を明るくすることで、良い人たちが集まるようになり
面白いことが引き寄せられてくるのです。
笑顔でいれば、考え方もポジティブになり、仕事も楽しくなるはずです。

人間は楽しく生きるために働いたり、恋愛したりするものです。楽しくなることを目標にして生きるのがいちばん幸せなのです。それに、楽しくなることを目標に生きていくと、世の中が少しちがって見えるはずです。たとえば仕事も、楽しくなるにはどうすればいいかと考えるようになります。

思考と行動が良い方向に変われば、結果が変わり始めます。
良い結果が何度か続けば、自信が生まれ、自己重要感が高まります。
この流れに乗ることで、私たちは幸せを実感できるのです。

斎藤氏は自己重要感を高めることで、幸せになれると言っています。
また、相手の自己重要感を高めることで、自分に良い影響を与えます。

他人に自己重要感を与える一番の方法は、その人を褒めることです。なんでもいいから、とにかく良いところを見つけて褒める。褒めて、褒めて、褒めまくるというくらいでちょうどいいでしょう。そうすると、相手が心底喜んでくれることがあります。このような褒め方をしたとき、あなたはその人に自己重要感を与えることができたことになります。逆に、喜ばれない褒め方では意味がありません。

人を褒めることで、相手は喜んでくれます。
相手の人に喜んでもらうためには、相手を好きにならなければなりません。
心をきれいにして、相手を認めることができれば
周りの人間関係を良くでき、幸せになれるのです。

自分を幸せだと思って、相手の自己重要感を高められれば
良いことが起こりそうです。
笑顔で相手を褒めることを習慣化すれば、自分を変えられるのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
 

    

photo credit: A Laugh With Richard Allen via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント