小さな成功体験が、なぜ習慣には必要なのか?

習慣化

小さな成功をすると、あなたの脳の中では優越感を感じる。端的に言うと、何でもいい。小さな成功は優越感を感じるものであれば、何でもいい。(西田一見)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-03-7-11-55
PDFA習慣術の徳本昌大です。
私は10年前に断酒をスタートしたのですが、それまでは失敗の連続でした。
朝飲まないと決めても、夜にはその決意が砕け
飲み屋で仲間と楽しんでいるという有様でした。

医者からのアドバイスもあり、私は自分の習慣を変えることにしました。
理想の自分になるために、お酒を一切飲まないことにしたのです。
絶対に飲まない!自分の人生をよくすると決め
自分の生活を徹底的にコントロールすることにしました。

毎晩、1日を振り返る時間を持ち、飲まなかった自分を褒める儀式を習慣にしました。
「今日も1日飲まなかった!偉いぞ」と自分を褒めながら
「明日も飲まないように頑張ろう」と自分を励ましました。
この小さな成功体験によって、私の脳の中に優越感が生まれたのです。
自分に自信を持てるようになると、その行動を習慣にできることに気づけました。

結果を出すまで続けられる人のしくみの中で、西田一見氏は
小さな成功体験を当たり前にすることで、よい習慣が身につくと書いています。
いきなり大きな目標を達成するのは難しいですが
日々行動を続けていれば、やがてはその目標を達成できます。
最初は厳しいと思われた断酒も、小さな成功体験を重ねているうちに
自分の中で当たり前になり、もう10年近くお酒を飲んでいません。

日記をつけることも最初は無理だと思っていましたが
毎朝の習慣と組み合わせることで、続けられるようになりました。
ブログを書く前に、前日の日記を書くようにすることで習慣化できたのです。
毎朝、書いているブログに日記を組み合わせることで
日記を自分の「当たり前」にできました。

日記を書くことが苦手だったのですが、続けることで脳の中に優越感が生まれました。
何かをはじめたければ、小さなことからスタートしたり
他の習慣と組み合わせることを意識するとうまくいきます。
小さな成功体験を重ねるうちに脳の中で優越感が生まれれば、しめたもの!
その行動があなたの新しい習慣になっているはずです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: garlandcannon Unfilled Pages via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント