忙しいを言い訳にせずに、週単位で時間をコントロールしよう!

習慣化

1日のなかでやろうとすると時間が見つけられなくても、1週間のなかのどこかでやろうとすると、時間が簡単に見つかるのです。あなたは日頃、時間についてどのくらい意識して生きていますか?「時間がない!」と焦るなら、枠を広げましょう。どれだけ忙しい人も、やりたいことを1週間という期間に広げれば、時間を見つけられるでしょう。(池田貴将)

スクリーンショット 2016-09-05 11.28.23
PDFA習慣術
の徳本昌大です。
池田貴将氏の時間の使い方をモデリングすれば、目標を達成できるようになります。
自分のやりたいことをやりたければ、時間をコントロールするしかありません。
1日の中で時間をつくろうとしても、忙しい時には、なかなか行動に移せません。
特に、朝から晩までタスクに追われる忙しい日に
新たな目標のための時間を確保するのが難しく、私たちはあきらめてしまうのです。

池田氏は、そんな時には週単位でスケジュールを考えるとよいといっています。
やりたいことをやるためには、その時間を見つけなければなりません。
今日は時間をつくれなくとも、週単位で考えてみれば
3日後や、4日後には時間が空くはずです。
今、できないからとあきらめるのではなく
空いている数日先のスケジュールをその場で押さえていくのです。
新たなタスクのために時間をつくれれば、未来を明るくできるのです。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

この選択が未来をつくる [ 池田貴将 ]
価格:1512円(税込、送料無料) (2016/8/17時点)

「未来」を変えるのは「今」の行動。目標とは遠い未来だけではなく、「今」を変えるものであるべきなのです。

まずは、今の自分の行動を変えてみることから始めましょう。
今、新しいことにチャレンジできないなら
今日の空き時間でできないか?を考えてみるのです。
それも、難しいのなら、週単位の中で時間を探しましょう。
未来を変えるための時間をすぐに確保しないと、一生忙しいままで、時間はつくれません。
夢を実現するための時間を作らない限り、先延ばし癖は直せないのです。
時間をコントロールできない人は、結局は夢を実現できません。
池田貴将氏この選択が未来をつくるを読めば
時間を味方にできるようになります。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
池田貴将氏関連記事はこちらから

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: labtop via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント