自分をゴミのような存在にしないために!

光に目を向ける者は光になり、ゴミに目を向ける者はゴミになる。(ボード・シェーファー)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-29-8-42-52
しあわせになるドーナツの秘密―大切にしたい7つのこと
の中で
紹介されているボード・シェーファーのこの言葉を時々思い出します。
自分をゴミのような存在にしないためには、他人の批判をしないことです。

人には良いところもあれば、悪いところもあります。
完璧な人間など存在しないのですから、欠点を意識するのはやめて
その人の長所にフォーカスするのです。
もしも、欠点ばかり気にしていたら、自分もゴミのような存在になってしまいます。
短所にフォーカスしていれば、ついつい相手の悪口を言ってしまいます。
他人を批判することは、汚い言葉を使うことと同じですから
自分をどんどん不幸にしてしまうのです。

マーク・フィッシャー成功の掟 3の中で悪口の危険性を指摘しています。

人間は無意識のうちに人の悪口を考えてしまうものだからな。それは習慣のように誰もがやっていることじゃ。だかな、『悪口を言っても人に害を与えるわけじゃない』というのは無知の証拠だ。それは、『目に見えない風は存在しない』と信じるのと同じくらい馬鹿げている。ハリケーンがどれほどの損害を及ぼしているのか見てみたまえ!(マーク・フィシャー)

悪口はハリケーンと同じで、人間関係に大きな損害を与えてしまいます。

逆に、幸せになりたいのなら、その人の良い点にフォーカスすれば良いのです。
相手の光にフォーカスし、それを褒めることで信頼関係を築けます。
良好な人間関係が幸運を運んできてくれるのです。

ボード・シェーファーは、人とコミュニケーションする時に
以下の3つの点に注意するとよいとアドバイスしています。

■他人の悪口は絶対に言わず、いいことだけを口にする。いいことが見つからない時は何も言わない。
■できるだけ他人の批判はしない。万一する時は、可能な限りおだやかにする。
■他人を見る時は、その人のいい点、すぐれた点に目を向ける。「光に目を向ける者は光になり、ゴミに目を向ける者はゴミになる。」

他人の悪口を言わないのはとても難しいことですが
相手の優れた点にフォーカスするようにすれば、自分の気持ちを穏やかにできます。
もしも、悪口を言いそうになったら、ゆっくり深呼吸して
自分の気持ちを落ち着かせましょう!

他人の長所を見つけることを自分の習慣にしてしまうのです。
相手のよい点を見つけて褒めていれば、相手からも感謝の言葉と笑顔をもらえます。
よい言葉で相手に貢献できれば、人生がよりよい方向に変わり始めます。
その際、相手の幸せを願うとよいことが起こります。
これでネガティブな感情をポジティブに置き換えられ
いつでも幸せな気分を味わえるようになるのです。

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。
      

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

photo credit: ainvar12 :)) Actitud via photopin (license)

この記事を書いた人

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化書評生産性向上名言その他アイデアクリエイティビティライフハック幸せ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
起業家・経営者のためのビジネス書評ブログ!
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました