スマホや情報の断捨離を一日5分心がけよう!

習慣化

有り余る情報が判断力を弱めている。(枡野俊明)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-19-12-56-38
photo credit: serbosca Zen Sunrise via photopin (license)

情報があり過ぎるのは、迷いのもとです。
インターネットやソーシャルメディアの情報が大爆発している中で
私たちは時には情報を断捨離をする必要があります。
暇さえあれば、スマホでネットを閲覧していると
大切な時間を浪費してしまいます。
時間を無駄遣いすると、自分の本当にやりたいことができなくなります。
選択肢を広げることで、何を優先するかもわからなくなります。

私たち現代人は情報過多によって、余計な悩みを抱え込んでいます。
時には自分と対話する時間を持つことが肝心です。
自分のやりたいことを心に問いかけることでビジョンを描き
自分が今、何をすればよいかを決めるのです。
この決断によって、人生をワクワクなものに変えられます。

情報収集に時間を大量に使うと、今ここに集中できなくなります。
自分の心を信じて、本当にやりたいことに大切な時間を費やしましょう。
今しかできない、ここでしかできないと考えると世界が変わり始めます。
不要な情報に頼らなくなると、自分や仲間の知識や経験を活用します。
選択肢を減らすことが行動につながり、結果を出せるようになるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心配事の9割は起こらない [ 枡野俊明 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/12/19時点)

自分の本来の力を発揮するためには、デジタルデバイスと距離を置くことも必要です。
スマホで生活は便利になりますが、一方で心のゆとりを失ってしまいます。
私は、朝晩iPhoneに触らない時間を持つようにしています。

朝起きると毎朝、神社にお参りし、そこで大きな深呼吸をします。
神様との対話の時間を持つことで、デジタルデバイスとの距離を置きます。
今日やるべきこと、話すべきことを確認し
今日も良いことが起こると自分の感情をコントロールしてから出社します。
この時間が私に行動する勇気を与えてくれます。

寝る前には、今日の振り返りとマインドフルネスを習慣にしています。
今日一日の反省と、出会った人たち全員に感謝の言葉をつぶやくことで
周りの人たちのおかげで生きていることを実感できます。
また、自分に感謝することで、身体と心を穏やかにできます。
足、手、内臓、口、耳、目、脳に感謝の気持ちを伝えることで疲れを減らせ
良質な睡眠を確保できるようになったのです。

一日に何回か情報やデバイスを断つことで
自分との対話の時間を持てるようになり、自分らしさを取り戻せます。
神社やマインドフルネスを習慣にすることで、人生をよりよいものに変えられました。
このようにスマホや情報の断捨離を一日5分心がけるだけで
自分をコントロールできるようになるのです!

参考にした書籍
心配事の9割は起こらない: 減らす、手放す、忘れる「禅の教え枡野俊明

今日もお読みいただき、ありがとうございました。 
枡野俊明氏の関連記事はこちらから

   

   スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13 

Loading Facebook Comments ...

コメント