悪口を言わないための2つのメソッド

何故このように悪口が絶えないのか?人々は他人のちょっとした功績でも認めると、自分の品位が下がるように思っている。(ゲーテ)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-22-15-17-32
photo credit: mytoenailcameoff Broccoli for Dinner via photopin (license)

他者に毒を吐くことで、私は今までに何度も失敗を繰り返してきました。
自分を正当化するために、他者を批判することでその場を誤魔化してきたのです。
本当は相手を褒めるべきだったのに、自分の評価を良くしたいあまり
仲間の功績を認められずにいたのです。
人の悪口を言ったり、批判をしても、自分に良いことは全くありません。
自分の気持ちを落ち込ませるだけでなく
最後はブーメラン効果で自分の運気まで下げてしまうのです。

一方、私の周りの運が良い人たちは悪口を言ったり
他者の批判をしていないことに気付きました。
それ以来、この悪い習慣を止めるために努力を重ねています。
なかなか難しい課題ですが、自分の感情を良くするために色々なことを試しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心配事の9割は起こらない [ 枡野俊明 ]
価格:1296円(税込、送料無料) (2016/12/19時点)

他人の悪口を言わないために、私は効果があると感じているのが
「呼吸プラス呪文」と言うメソッドです。
これは枡野俊明氏が 心配事の9割は起こらないで紹介していたものです。

もし、自分が悪口を言いそうになったら、大きく深呼吸をします。
腹式呼吸を数回繰り返すことで、自分の気持ちを整えます。
自分を冷静にすることで、客観的になれ、相手への敬意を取り戻せます。

次に自分の好きな言葉を思い出し、呪文のように心の中で唱えます。
私は、心の中で「ありがとう」を三回繰り返します。
呪文の言葉はなんでもよく、自分の好きな言葉を選べばよいと枡野氏は言います。
周りの人への感謝の気持ちをつぶやくことで、自分の感情をポジティブにできます。
この2つのメソッドを取り入れてから、私は自分を律することを覚えました。
まだまだ道半ばですが、悪口をやめて、自分の運を良くしていきたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
枡野俊明氏の関連記事はこちらから
   

   スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13 

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化 書評 生産性向上 アイデア クリエイティビティ ライフハック 幸せ
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました