マーク・フォースターの仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則の書評

習慣化

「本当の仕事」とは、目標に近づくための仕事です。そのためには、あなたの能力すべてを使わなければなりません 。つらい困難にぶつかることもあるし、限界にチャレンジする必要もあります。ときには 「もう嫌だ」と思うこともあるでしょう。そして、 「本当の仕事」には、綿密な計画と入念な思考の時間が必要です。しかし、そのせいで 「忙しいだけの仕事」の方が仕事らしく見えるのです。(マーク・フォースター)

スクリーンショット 2017-02-01 6.42.06
photo credit: Anomalily Day 194: Hooray! Hooray! Today is the day! via photopin (license)

マーク・フォースター仕事に追われない仕事術 マニャーナの法則書評を続けます。
私たちは本当にやるべきことを先延ばしにしてしまいがちです。
本当の仕事は難しいことが多く、考える時間が必要になります。
人はプランニングのための時間を作るより、ついついルーティンを優先してしまいます。
目の前の忙しい仕事の方が働いている感じがしますし、周りにも働いているとアピールできます。

そして、いつの間にか「忙しいだけ」の仕事を追いかけるようになるのです。
しかし、この思考に陥ると結果が残せなくなります。

無意識のうちに「忙しいだけの仕事」の出現を願い、それを 「本当の仕事」をしない言い訳にしてしまうことです。ビジネスでもプライベートでも、予定がいっぱいという状況は、まず間違いなく 「忙しいだけの仕事」を言い訳にして「本当の仕事」を避けているという状態です。

忙しいを言い訳にせずに、本当の仕事に集中する時間を確保する必要があります。
予定がいっぱいだと大事な仕事に時間を割り振れなくなります。
そのためには、自分の意識とスケジュールを今すぐ変えなければなりません。

まずは、自分を忙しくしている仕事のリストを作成し
自分がやらなくてもよい仕事を明確にしましょう。
本当の仕事を優先し、忙しいだけの仕事をやらないと決めるのです。
最初は勇気が必要ですが、上司や同僚にノーと言い
本当の仕事で結果を残すようにしましょう。

そして、新しい仕事が来たら、自分への質問を心掛けましょう。

新しい仕事が来たら、引き受ける前に必ず 「この仕事は、既存の仕事より価値があるか?」をまず自分に問いかけることです。すでに、毎日はやるべき仕事で埋め尽くされていることを忘れてはいけません。それでも引き受けるなら、抱えている仕事をどれかあきらめる必要があります。

毎日のスケジュールを見直し、忙しいと感じたら
本当の仕事のための時間を確保しましょう。
やらないことを決めることが結局は自分のためになるのです。
一度、自分の仕事をリスト化し、本当の仕事と忙しいだけの仕事に分類してみましょう。

■セミナーのお知らせ
サンクチャリ出版さんとセミナーを開催します。
テーマ:ダメダメ人生から復活する方法
アルコール依存症から脱出した私のメソッドを全てお話しします!
日時:2月9日19時 会場:千駄ヶ谷サンクチュアリ出版セミナールーム
詳細はこちらからお願いします。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!

    

 

Loading Facebook Comments ...

コメント