ポジティブ連鎖の作り方。

習慣化

日ごろポジティブなことを考えて過ごしていると、ますますポジティブな人間になり、ますます人生が楽しくなる。その結果、ポジティブで楽しい人や状況を引き寄せる。「類は友を呼ぶ」ということわざがある。周囲を見渡して、自分がどんな環境にあるか、どんな人間とつきあっているかを調べてみよう。そうすれば、この格言が真理であることがわかる。今までと違う状況に身を置き、今までと違う人とつきあいたいなら、今までと違う思考をする必要がある。(ジェリー・ミンチントン)


photo credit: Mumintrollet Wet_shoes (196a) via photopin (license)

自分の価値に気づくヒント書評ブログを続けます
ポジティブに思考し、ポジティブに行動することで
人生はワクワクなものに変えられます。
また、自分がポジティブになることで、同じような人たちが集まってきます。
私はこれを「ポジティブな連鎖」と呼んでいますが
この波にうまく乗ることで、短期間のうちに夢が叶ったり
目標達成ができるようになります。
まずは、自分の周りに楽観的な人たちを増やして
この「ポジティブな連鎖」を作りましょう!

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分の価値に気づくヒント [ ジェリー・ミンチントン ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)

ジェリー・ミンチントンは、楽観論者の特徴をいくつかあげています。
■いっしょに仕事をしていて楽しい
■仕事に対していつも前向きである
■自分に自信がある
■物事をポジティブにとらえる
■やればできると信じている
このような人がいたら、自分から声をかけて仲良くなりましょう!
そして、彼らの真似をして、自分の思考と行動を変えるのです。
パッションを持って夢を語り始めれば
楽観論者が周りに集まり、ポジティブ連鎖が始まります。

逆に、悲観論者は、ネガティブ思考に支配され、自分に自信がありません。
やる前からダメだと思い込んでいます。
悲観論者との交流はできるだけ下げましょう。
彼らと時間を過ごしても、何も決まりません。
自分の貴重な時間を浪費しないためにも、付き合う人は選んだ方が良いのです。
やればできると信じている人との関係を深めましょう! 

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント