ジェリー・ミンチントンの自分の価値に気づくヒントの書評

習慣化

ほとんどの人は、あるがままの自分がそんなに好きではない。自分に長所があることはわかっているが、それ以上に短所があることを痛感しているからだ。そこで私たちは、自分がまだ完壁ではないという理由で、完壁な人間になるまで自分を受け入れようとしない。(ジェリー・ミンチントン)


photo credit: Hoffnungsschimmer SHARING via photopin (license)

自分の価値に気づくヒントを読むと、自分の思考をポジティブに変えられます。
著者のジェリー・ミンチントンのアドバイスによって
気難しく考えるのをやめて、あるがままの自分を受け入れられるようになるのです。
私たちの多くは自分の短所を改善し、長所を増やす努力を重ねますが
自分は完璧ではないという理由で、自分を批判してしまいます。

しかし、ここで一つ質問です。
完璧な人間など本当に存在するのでしょうか?
誰もが自分の中に嫌いな部分があるはずです。
短所があるから自分はダメだと考えるのではなく
それ以上に長所があるはずだと評価変えることで
ワクワクな気分になれるのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

自分の価値に気づくヒント [ ジェリー・ミンチントン ]
価格:1080円(税込、送料無料) (2017/2/26時点)

ジェリー・ミンチントンは、以下の2つのステップで自分を変えられると言います。

1、完壁である必要はない。あるがままの自分を受け入れればいいのだ。変えたい部分は誰にでもあるものだが、それも自分の一部なのだから受け入れる必要がある。
2、自分をあまり厳しく批判してはいけない。ときには好ましくない行動をすることもあるが、だからといってダメな人間というわけではない。それはむしろ正常な人間である証しなのだ。

まずは、あるがままの自分を受け入れ、長所も短所も受け入れてみるのです。
次に、自分の長所を書き出してみましょう。
自分のよい点にフォーカスすることで、自信を持てるようになります。
人から褒められたり、感謝されたことを思い出し
それも長所だと捉えることで自分の強みを増やせます。
人から褒められたことを強みにすることで
セルフ・イメージが高まり、自分の才能を開花できます。

同時に自分の短所をポジティブに評価してみるのです。
短所を長所に言い換えると自分の気持ちを切り替えられます。
「飽きっぽい」を「好奇心旺盛」に
「おしゃべり」を「社交的」に置き換えることで行動を変えられます。
こうすることで自分の短所が気にならなくなります。

私たちは完璧でなくてもよいのです。
ただ、自分をネガティブに評価するのをやめるだけでよいのです。
自分を受け入れ、評価を変えることで、私たちは行動できるようになります。
完壁でなければならないという思い込みが、自分を雁字搦めにしています。
まずは、自分に優しく接することからはじめましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント