「許す」という心のリセットボタンを活用しよう!

習慣化

「許し」は心のリセットボタンのようなもので、このボタンを押すことで私たちはその経験から学び、ネガティブな感情を引きずらずに前へ進むことができます。(ジョー・ヴィターレ)


photo credit: photogism Sunset via photopin (license)

私たちは子供の時に、許しあうことを学んできましたが
大人になればなるほど、人を許せなくなります。
許しあうことがとても大切だとわかっているにも関わらず
自分のプライドが邪魔して、相手を許せず、人間関係を阻害してします。

長年、怒りや恨みを募らせていると、心や体に悪影響を及ぼします。
悶々とした時間を過ごすうちに調子を崩してしまうのです。
誰にも失敗や誤解は付き物ですから、人には寛容になるべきです。
完璧な人間など存在しないのですから、意固地にならずに相手を許すようにしましょう。

過去にどんな経験をしていようと、怒りや恨みを捨てることはとても重要です。これができれば、自分を許し、前へ進むことができます。 自分を許さなければならないのは、人生が向上するからだけではありません。健康にも大きくかかわってくるからです。

ジョー・ヴィターレは相手だけでなく、自分も許すべきだと言っています。
真面目な人ほど自分を許すことができず、必要以上に自分を責める傾向があります。
自分のことを許せないままでは、悩む時間が多くなります。
これでは、成長も望めませんし、自分の心を傷つけてしまいます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

なぜ、あの人にばかり奇跡が起きるのか? [ ジョー・ヴィターレ ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2017/3/19時点)

私たちは生きている限り、何かしら人を傷つけています。
自分の言動や行動を許し、閉じた世界で生きるのをやめましょう。
もしかすると、必要以上に気を使いすぎているだけかもしれません。
相手に許しを乞い、関係を修復するように努めれば
問題が解決できるかもしれません。
その際、自分に対しても優しい言葉をかけるのです。

人付き合いがうまいというのは、人を許せるということだ」と
ロバート・フロストは言います。
人を許し、自分を許すことで人間関係は改善できるはずです。
他者を許すこと、優しい心を持つことで私たちは幸せになれるのです。
「許す」という心のリセットボタンを積極的に活用しましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました!
参考書籍  ジョー・ヴィターレなぜ、あの人にばかり奇跡が起きるのか?
ジョー・ヴィターレの関連記事はこちらから
     

    スクリーンショット 2016-04-29 22.16.13

Loading Facebook Comments ...

コメント