コロナ時代に気をつけること。ショーン・エイカーに学ぶ、人や情報の選び方。


Background vector created by freepik – www.freepik.com

潜在能力を最高に引き出す法: ビッグ・ポテンシャル 人を成功させ、自分の利益も最大にする5つの種
著者:ショーン・エイカー
出版社:徳間書店

本書の要約

最高に輝けるチームを作るためには、意識的に良い人間関係を作り上げることが重要です。①周囲からのポジティブな同調圧力を利用する ②多様性によってバランスを生み出す ③双方向の絆を作る という3つのステップによって、私たちはよい結果を出せるようになります。

ポジティブな同調圧力を活用しよう!

人はスーパースターになることはできるが、孤高の星になることはできない。必要なのはスター集団、つまり、ポジティブなよい影響をもたらし、互いを助け、強くし、成長させる人たちで作る星座である。したがってどんな人たちに囲まれて暮らすかが、非常に重要だ。(ショーン・エイカー)

ショーン・エイカー潜在能力を最高に引き出す法: ビッグ・ポテンシャル 人を成功させ、自分の利益も最大にする5つの種書評を続けます。一人のスーパースターだけでは、結果を出し続けることができないことがわかっています。

必要なのはスター集団で、優秀なギバーを集めることでチームを強くできます。最高に輝けるチームを作るためには、意識的に良い人間関係を作り上げることが重要で、必要なのは次の3つのステップです。
1、周囲からのポジティブな同調圧力を利用する
2、多様性によってバランスを生み出す
3、双方向の絆を作る

今日は1つ目の「ポジティブな同調圧力」について考えてみたいと思います。ポジティブな人間関係を生み出すことで、私たちは自分の行動を変えられます。最近では、テクノロジーが発達して、私たちは常時ソーシャルメディアにアクセスできるようになりましたが、タイムラインの中に潜むネガティブ情報にも注意が必要です。

私たちはポジティブなものであれ、ネガティブなものであれ、周りの人々のエネルギーにこれまでになく濃密に接しています。そういうエネルギーを吸収すればするほど、個人のモチベーション、やる気、仕事ぶりだけでなく、チーム全体の「最大ポテンシャル」もまた大きな影響を受けることがわかっています。

実は、私たちは周囲の人からのポジティブな影響のことはあまり考えずにいます。ネガティブでやる気のない人間に囲まれていると、こちらのエネルギーもポテンシャルも枯渇してしまいますが、逆にポジティブで、積極的で、やる気があって、創造性豊かな人たち に囲まれていると、人はポジティブになれるのです。著者は次の公式でポジティブな影響の重要性を表現しています。

最大ポテンシャル=個人の特性×(ポジティブな影響ーネガティブな影響)

お互いのポテンシャルに良い影響を与えられるようなポジティブな特性を持つ人に囲まれることで、自分の力を発揮できるようになります。ネガティブな人は、あなたのエネルギーを吸い取ってしまいますが、ポジティブな人は、こちらが落ち込んでいる時にエネルギーを与えてくれます。

ペンシルバニア大学の研究者たちは、「波及的メンターリング」というプログラムを考案し、仲間がどのようにポジティブな影響を与えるかを実証しました。まず大学生たち に、何らかのコンピューターのテクニックを高校生に教えさせます。その高校生たちが、今度はそれを中学生に教えます。研究者たちは結果を評価して、次のようなことを発見しました。高校生たちは、かっこいい大学生たちがその技術をマスターしている様子を目にしただけで、自分たちもそうなりたいと強く思うようになったのです。また、中学生たちは憧れている高校生たちの意欲に満ちた様子を見て、自分たちも一生懸命勉強してもっと知りたいと思うようになりました。

つまり10代の子どもというのは、仲間の同調圧力によって、無茶な運転をしたり、授業をさぼったり、さまざまな危険な行動に走ったりすることもありますが、ポジティブな影響のほうに導いてやれば、もっと学びたいと思わせることができるのです。

学校だけでなく、職場でも同じような結果を出せます。ポジティブな仲間と一緒に動き回っていれば、自分も自然とポジティブになっていきます。ギャラップの調査によれば、ポジティブでやる気のある社員はそうでない社員に比べ、ミスの数が60%少なく、事故の数が49%少なく、欠席日数がなんと67%も少ないことがわかっています。ポジテイブな人と一緒にいるほうが、はるかに気分がいいのは当然なので、同僚、顧客、その他重要なかかわりを持つ人たちなど誰もが、ポジティブな人と接することを望むのです。

楽観的な人に囲まれていることで、ネガティブな人のストレスや無気力に感染するのを防ぐことができます。したがって、まずするべきことは、仕事においても生活面でも、私たちの能力と強みを引き出してくれるポジティブな人を見つけることです。

読書でポジティブな世界を創造しよう!

ポジティブな人たちに囲まれていることは、その人たちを直接知らなくても効果がある。

囲まれるのはポジティブな本でもよいとショーン・エイカーは言います。著者は人生のある時期、非常に内向的だったので、知り合いのいない新しい街に引っ越す時には、自分に「ポジティブな影響を与えるもの」を持参したそうです。自分の好きな書籍を読み、著者との対話を楽しみました。

その人が読むものによって、その後の行動が決まることがわかっています。ダートモス大学とオハイオ州立大学の研究者たちは、人が1冊の本に夢中になっている時には、その主人公に感情移入するだけでなく、主人公の特性や性格の一部を取り込みはじめるということを発見しました。

たとえば、強い社会的良心を備えた人物についての本を読んでいる人は、社会のために何かをしようと考えることが多いのです。例えば、ネガティブな行為を称えるようなフィクションを読むとそのネガティブな影響が、現実の気分や自己イメージに波及します。怒りや幻滅や衝動をかきたてるものより、自分がより強く、賢く、いい人間になったような気持ちにさせてくれるものを読むと、ポジティブな気持ちになれます。

できるだけ、ネガティブなものを避け、自分の気持ちを持ち上げ、鼓舞してくれる本、雑誌、その他の読み物を身の回りに置くようにしましょう。自分の可能性を広げる本を読み、よいと思った習慣を取り入れることで、自分を変えられます。ただ読むだけでなく、著者のよい面を盗み、真似することで、未来を明るくできます。私は本から多くの気づきを得ることができ、人生をポジティブなものにできました。

音楽やいつもスマホで聞いているポッドキャストにもこれを応用できます。ヘッドホンやスピーカーからひっきりなしにあなたの耳に流れ込んでくる言葉を、ポジティブで楽観的で人に優しいものにすることで、マインドセットを変えられます。ポジティブな言葉に囲まれていれば、ポジティブな変化が維持されやすく、それがさらに発展することにもなるのです。

最近では、コロナのネガティブな情報が日々報道されていますが、必要以上にニュースに触れるのをやめるべきです。それより自分の心と体の健康に気を配り、ポジティブな情報に接した方がよいのです。リアルでポジティブな人に会えなくとも、オンラインで彼らと繋がり元気をもらいましょう。自分にエネルギーを与える人や書籍を選ぶようにすることで、不安な気持ちを退治できます。

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
ブログ アイデア クリエイティビティ ライフハック 人脈
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました