徳本昌大

スポンサーリンク
セレクト

成績を上げたければ、仲間の力を活用しよう!アーリック・ボーザーのLearn Betterの書評

社会的要素は微妙な違いでありながら、私たちの価値の感覚に多大な影響を及ぼす。家族や仲間、友人や同僚が学習に感情面で意味をもたらすし、私たちはストレスを感じたとき、緊張したとき、悲しいときに他人を頼る。(アーリック・ボーザー) ...
習慣化

アーリック・ボーザーのLearn Better ― 頭の使い方が変わり、学びが深まる6つのステップの書評

もう「習うより慣れろ」の時代ではない。成功するには単純な手順やノウハウを身につけるだけでは不十分だ。現代の世の中では学び方を知り、思考のスキルを身につけなければならない。思考のスキルこそが大事なのだ。(アーリック・ボーザー) Des...
AI

AIによって、社員を幸せにしながら、生産性を高める方法。

勤務内容が多様だと、より大きな幸福感がもたらされ、さらに従業員を鼓舞して生産性のアップにも結びつく可能性がある。(ジョーダン・エトキンとキャシー・モジルナー) photo credit: xiquinhosilva 51132...
AI

HUMAN+MACHINE 人間+マシン: AI時代の8つの融合スキルの書評

さまざまな産業において、AIシステム(物理的な体を持つロボットからソフトウエア・ロボットまで)が人間の仕事を奪うという誤解が蔓延している。確かにロボットカーなどは、タクシーや配達、運輸などの分野で、人間のドライバーを置き換えていくだろう。特...
習慣化

スティーヴン・プールのRE:THINK(リ・シンク):答えは過去にあるの書評

創造性とは、異なる分野の既存の考えを組み合わせる能力ともいわれる。だがそれは、見過ごされていたひとつの考えが、実は理にかなっていたのだと気づける想像力でもある。わたしたちは革新の時代に生きている。けれど、それは再発見の時代でもある。革新が古...
習慣化

堀正岳氏の知的生活の設計―――「10年後の自分」を支える83の戦略の書評

私たちは日に日により不透明になってゆく、頼りになる地図のない世界を生きています。今日を生きるのに必死で、10年後のことに考えをめぐらせる余裕がないという人も多いでしょう。しかしそうしたとき、最終的にあてになるのは外から与えられる見せかけの答...
習慣化

ユヴァル・ノア・ハラリの教育論!変化に対応できるテント型教育とは何か??

子どもたちが今、学校で学んでいることの多くは、彼らが40歳になる頃には無意味なものになっている可能性が高い。というわけで、私にできる最善のアドバイスは、こうだ。強靱な精神力やEQ(心の知能指数)にフォーカスせよ。人生はこれまで大きく二つのス...
書評

S・J・スコットのHabit Stacking 人生を大きく変える小さな行動習慣の書評

実際に成功を収めた人の話をよく聞いてみると、成功はプロセスだとわかります。同じ日課を毎日繰り返し、来る日も来る日も地道にコツコツ、一進一退。そんながんばりが、長年かかって実を結ぶケースが大半です。それが成功の現実です。つまり、成功は幸運...
習慣化

雑談をして、デフォルトモードネットワークを作動させよう!

仕事ができる人は、聞き上手。もちろんこれは、「話を聞いてばかりいる」わけではありません。聞き上手と同時に話し上手です。相手の話をきちんと理解したうえで、相手が喜ぶ、あるいは役に立ちそうな話をしています。(茂木健一郎) Designed...
習慣化

生産性を高めるための「進捗の法則」とは何か?

企業内での創造的な仕事に関する最近の研究で、私たちはこれとそっくりな現象を発見した。知識労働者たちがつけた日誌を詳しく分析することで明らかになったのが、「進捗の法則」である。すなわち、仕事中に「感情」「モチベーション」「認識」を高める可能性...
スポンサーリンク