外食

スポンサーリンク
外食

村山太一氏のなぜ星付きシェフの僕がサイゼリヤでバイトするのか? 偏差値37のバカが見つけた必勝法の書評

(危機感×気づき×即行動)のサイクルを高速め回す危機回避術であるサバンナ思考と一流や世界一のやり方をマネして丸パクリするショートカット術(マヨネーズ理論)を組み合わせることで、村山太一氏は変化に適応してきました。サイゼリヤでの学びを実践することで、コロナ禍でも著者は黒字を確保できたのです。
外食

書評 遠藤功氏の「ホットケーキの神さまたち」に学ぶビジネスで成功する10のヒント

ホットケーキの繁盛店は顧客を喜ばすために、差別化を追求しています。味、こだわり、サービス、居心地の良さなど顧客体験を高める努力を続けることで、お店は繁盛します。いくつもの差別化要因を組み合わせ、顧客を喜ばすことを行えば、商売はうまくいくようになるのです。
外食

書評 青木厚氏の「空腹」こそ最強のクスリ

一日3食というのは、それだけで 「食べすぎ 」になってしまう可能性があります。(青木厚) Food photo created by rawpixel.com - www.freepik.com オートファジー理論とは何か?...
外食

ミシェル・ショーフロ・クックの脳にいい食事大全の書評

脳のパフォーマンスは食事や生活習慣で大幅に改善できる。(ミシェル・ショーフロ・クック) photo credit: wuestenigel Cube Vegetables on a Cutting Board (celery,...
外食

深夜の牛丼があなたの疲れの原因かもしれない?

人間の活動は大きく「食べる」「動く」「寝る」という三つの要素にわけることができます。これら一つひとつの質がよくなればそれだけ、快適な毎日を送ることができるのです。(石川三知) photo credit: benson-ho vi...
外食

若いと言われる人があたりまえにやっている16の老けない習慣の書評

今日、体に入れた食べ物が、10年後のあなたを決める。あなたの、いま現在の生活習慣が、10年後のあなたを決める。このような意識で自分を振り返ってみて、あらためて、これからどのような毎日を送るかを決めることが、10年後のあなたをつくるのです。(...
外食

私が大好きだったパンとパスタをやめた理由。長生きしたけりゃパンは食べるなの書評

近年、小麦に含まれるたんぱく質「グルテン」が、脳に炎症を起こし、腸に小さな穴を開けると注目されています。(フォーブス弥生) 長生きしたけりゃパンは食べるなの著者のフォーブス弥生氏は グルテンが脳に炎症を起こし、腸に小さな穴をあけ...
外食

日本人の癌(ガン)は、なぜ増え続けるのか?

毒素に囲まれた悪い環境にいれば、自分が持っている病気の素という遺伝子にスイッチが入ります。反対に良い環境にいれば、自分の遺伝子の良いところが発現して、悪いスイッチは入らないというものです。(アイザック・H・ジョーンズ) 世界のエグゼク...
外食

ジョコビッチ流の食事改善で、この10ヶ月で私が手に入れたもの。

グルテンはたんぱく質ですので、たんぱく質が脳にたまると、脳の活力源である糖質の吸収を阻害します。そして、それが原因だと考えられているアルツハイマー病を引き起こす恐れがあります。ほかに敵老化の原因であ。「糖化」を促す作用があるため、肌のシミ、...
外食

世界一美しいスタバ体験記。ドバイのIbn Battuta Mallのスタバを再度訪問する!

昨日から仕事で5ヶ月ぶりにドバイに来ています!相変わらず刺激が溢れる街で、ワクワクなビジネスをしながらプライベートの時間も楽しんでいます。そんなな中、大好きなIbn Battuta Mallのスターバックスを再訪しました。 このスタバは、私...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました