IT活用

スポンサーリンク
習慣化

本を処分するために覚えておきたい4つのメソッド

本を手放せないのは、たいてい「本好き」と呼ばれる人たちだ。この種の人は、寝室に本の山をつくり、鞄の中にはつねに本を携帯し(昼休みに読むためだ)、2つ以上の部屋に本棚を置き、本をぎっしり詰めている。本を何千冊も持っていても、または数冊だけでも...
習慣化

寝る前の子供にiPhoneを触らせてはいけない3つの理由。

テクノロジーも若者の睡眠不足に拍車をかけている。ベッドにiPhoneを持ち込んで夜通し通信する彼らは、輝かしいデジタル世界の主役だ。 photo credit: Denis Hébert Dufresne et place Dufr...
習慣化

スマホや情報の断捨離を一日5分心がけよう!

有り余る情報が判断力を弱めている。(枡野俊明) photo credit: serbosca Zen Sunrise via photopin (license) 情報があり過ぎるのは、迷いのもとです。 インターネットやソーシ...
習慣化

時間をかけずに成功する人 コツコツやっても伸びない人 SMARTCUTSの書評

技術の移り変わりをじっくりと見ていると、技術変化のペースが急速に早くなっていることがわかる。だから21世紀にはこれまでの2万年分に相当するような進歩が見られる。(レイ・カーツワイル) photo credit: quinn.anya...
Apple

ジョブズはなぜ成功を勝ち取ったのか?「スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで」の書評

iPodはアップル初の大量生産品だが、これを世の中に送り出せたのは、最初にiMovle、続いて方向を修正して、iTunes、そしてiPodと論理的なステップをひとつずつスティーブらが踏んできたからだ。スティーブの忍耐力、統制、ビジョンが新た...
習慣化

何もしない時間をつくろう!吉田昌生氏の1分間瞑想法の書評

不思議に聞こえるかもしれませんが、「何もしないこと」で、心にエネルギーが溜まっていき、人生をよりパワフルに生きる力が得られるのです。現代は、いろんな情報がまるで洪水のように押し寄せてきています。電車に乗れば、いろんな広告が目に入りますし、周...
習慣化

多読でいろいろな脳番地を刺激しよう!

いちどきに、数種類の別な本を読むというのも、よく知られた戦略だ。飽きないためばかりではない。むしろ、複数の本を同時並行した方が、読める分量も確実に増えるからだ。実際、一部の小説を除いては、何をおいても読み続けなければ、という気にさせる本は少...
Apple

松山大耕氏のビジネスZEN入門の書評 

禅は本当にシンプルです。しかし、ただ手を抜いただけの単純なものとは違います。考え抜いたあげくの究極形。無駄なものを何一つ使っていない。だからこそ、そこに見る人の気持ちが反映され、人の心を動かすのです。「そうか、これでいいのだ。これ以上は何も...
Apple

ジョブズの交渉力を再評価する。ブレント・シュレンダーの「スティーブ・ジョブズ」の書評

すごいんですよ。部屋に入って『ウチのコンピューターを買う権限を持っている人はどなたですか』と聞けるんです。だれもいなければ、相手をしません。 『取引できる権限のある人としか交渉はしません』と言って帰ってしまいます。スティーブは手榴弾を投げこ...
Apple

ブレント・シュレンダーの「スティーブ・ジョブズ 無謀な男が真のリーダーになるまで」の書評

持ち分はスティーブとウォズが45%ずつ、ウェインが残りの10%である。だが、ウェインは、すぐ、若造ふたりに未来を賭けるのは危ないと考え直し、1976年6月には持ち分を800ドルでジョブズとウォズニアックに買い戻してもらう。前述のロゴが発注さ...
スポンサーリンク