IT活用

スポンサーリンク
SX

GAFAM+テスラ帝国の存亡 ビッグ・テック企業の未来はどう (田中道昭)の書評

イーロン・マスクの革新的な洞察力と先進的な企業活動により、テスラは単に自動車産業に留まらず、技術や宇宙の領域においても高い注目を集めております。現在、テスラはGAFAMに続く1社として、ビッグ・テック企業入りを果たす可能性が高まっています。
文化

創始者たち──イーロン・マスク、ピーター・ティールと世界一のリスクテイカーたちの薄氷の伝説(ジミー・ソニ)の書評

ピーター・ティールとマーク・レヴチンのチームビルディングとレジリエンスから、起業家は多くの学びを得られます。優れた人材を集め、ビジョンを共有し、オープンなコミュニケーションを実現することで、強力なチームを構築することができます。失敗から学び、立ち直る能力を持つことが起業家にとって最も重要なスキルです。
組織

ビヨンド・デジタル――企業変革の7つの必須要件(ポール・レインワンド, マハデバ・マット・マニ他)の書評

デジタルトランスフォーメーションは、単にデジタル技術を導入することではなく、ビジネスモデルや組織のあり方を根本的に変革することを指します。競争優位性を確立するためには、企業はビジネスモデルや組織文化を変革する必要があります。これを「ビヨンド・デジタル」と呼びます。
パーパス

マーケティングZEN (宍戸幹央,田中森士)の書評

マーケティングZENは、自己探求を通じて自身の使命を見出し、環境や人間関係を大切にし、持続可能な未来を目指します。禅の思想を取り入れ、シンプルなアプローチで顧客との信頼関係を築き上げます。パーパスを明確化し、自社の顧客を明確することで、無駄な施策を排除し、持続的な関係を築くことを目指します。
イノベーション

スクエアが成功したり理由はイノベーションスタックにあり!INNOVATION STACK だれにも真似できないビジネスを創る(ジム・マッケルビー)の書評

イノベーションスタックによって、企業は飛躍的に成長します。いくつものイノベーションの積み重ね(イノベーションスタック)が企業の強みになります。起業家はひとつや2つのイノベーションに満足せず、次から次に生まれてくる課題を解決するアイデアを絶えず創造すべきです。
イノベーション

ロングゲーム 今、自分にとっていちばん意味のあることをするために(ドリー・クラーク)の書評

未来の理想の自分からバックキャスティングし、努力を長期的に続けていれば、時間が味方になってくれます。やがて努力が実を結び、指数関数的な成長を経験することができるようになります。自己投資を続け、周りの人を巻き込む「積極的な忍耐力」によって、結果を出せるようになります。
イノベーション

現代病「集中できない」を知力に変える 読む力 最新スキル大全―脳が超スピード化し、しかもクリエイティブに動き出す! (佐々木俊尚)の書評

佐々木俊尚氏は知肉を育てる4つのステップを明らかにしています。①気になるところを「メモする」②メモから「概念をつかむ」③概念を集めて「世界観をスケッチする」④世界観から「知肉を育てる」 このステップを繰り返すうちに、脳内で情報と情報が結びつくことで、アイデアが生まれ、目の前の課題を解決してくれるようになります。インプットとアウトプットにより思考力が鍛えられ、課題を解決する力を養えるようになうのです。
サブスクリプションモデル

NUDGE 実践 行動経済学(リチャード・セイラー,キャス・サンスティーン)の書評

NUDGE(ナッジ)とは 親ゾウが、子ゾウの背中を鼻でちょっと押すように、 強制や禁止をせずに本人の「よりよい選択」を後押しすることです。ナッジを上手に活用し、選択アーキテクチャーを正しく設計すれば、私たちはもっと豊かになれるのです。
AI

モビリティX シリコンバレーで見えた2030年の自動車産業 DX、SXの誤解と本質(木村将之, 森 俊彦)の書評

モビリティXが進展する中で、今後モビリティに関わる企業は、いち早く自社の考えるサステナビリティーへの世界観を掲げ、首尾一貫した環境への貢献活動を行うべきです。そのためには、絶えず顧客とコミュニケーションを取り続け、得られたデータを基に顧客体験を開発、改善していくことが重要になります。
AI

AI 2041 人工知能が変える20年後の未来 (カイフー・リー, チェン・チウファン)の書評

AIの進化が未来を変えることは間違いありません。私たちはAIがもたらす莫大な富の恩恵を受ける最初の世代になります。AIにより生産性が高まることで、多くの商品やサービスの価格は低下し、豊かな生活を送れるようになります。AIは私たちを単純作業から解放し、自由に生きられるようにしてくれます。
スポンサーリンク