ジョセフ・マーフィーの書籍を読み返す理由。 #習慣化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

自分のしている仕事がすばらしいものだと何度もくり返し唱えているうちに、
本当にすばらしいものになってきます。

絶対にいけないのは、自己を卑下することです。ジョセフ・マーフィー

結果を残すためには、事実とイメージを混同させることも時には必要です。

なぜなら潜在意識には事実と想像の区別をつけられないからです。
自分の意識に夢を強く刻んでいくことで、それを現実のこととして受けとめていくのです。
毎日、よい言葉を使って、自分の仕事や習慣を褒めることで
どんどん自信が生まれ、やる気になっていきます。
最初はマーフィー博士の言葉が信じられなかったのですが
今では、博士の潜在意識の考えのおかげで、自分に自信を持てるようになりました。

一方、自分が駄目だと思い始めると、潜在意識がそれを事実だと思い始めます。
これを避けるために、いつも私が心がけていることは
■ネガティブなことを考えない。考えたら、すぐにその考えを頭から追い出す。
■言葉に気をつける。ネガティブな言葉は使わない。元気な言葉を口にする。
■不平、不満を言わない。
■よい本を読む。
■元気な人との交流をする。
■笑顔を心がける。
■感謝の気持ちを持つ。
そして、ジョセフ・マーフィーのこの言葉を思い出すようにしています。

気をつけなさい。 同じような心的状態の人間は 寄り集まってくるものです。
いつも不平・不満を口にしている人のところには、 似たような人間が寄ってきます。 そして、いつも失敗ばかりしている人のところには、 失敗者が集まってきます。

マーフィー博士のこの言葉に出会ってから
私はできるだけ元気で前向きな人と時間を過ごすようになりました。
朝活の主催者や本をよく読んでいる人やコンサルタントの方々から
多くの刺激を受けることで私のやる気はチャージされるのです。

また、気持ちが落ち込みそうになったら、Facebookでメッセージを送り
元気な人とチャットするだけでも、気分転換になります。
可能であれば、そういった人とランチを食べることで
成功している方の思考法に触れることで、自分に足りないことがわかります。

落ち込んだり、ネガティブな時間を過ごすのは時間の無駄です。
気分が少しダウンしそうなときには、ジョセフ・マーフィーの名言集を
読み返すことで、エネルギーがチャージできます。

マーフィー博士の関連記事
マーフィー博士の関連記事②
  
 PHOTO CREDIT

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る