悪い習慣に簡単にさよならする方法。

習慣化

悪い習慣を持っている人は、自分の心がつくった心理的牢獄に住んでいます。自分の信念や意見や訓練や環境の影響によってしばりつけられています。早くこの牢獄から出なければいけません。(ジョセフ・マーフィー)


photo credit: Elvert Barnes 86.Miami.FL.19nov05 via photopin (license)

悪い習慣にさよならする方法

悪い習慣には、誰もが悩んでいるはずです。
何かしらの悪い習慣が、あなたの未来を暗くします。
かくいう私もお酒が大好きで、10年前までは暴飲暴食を繰り返し
夜更かしをするのが当たり前でした。

不規則な生活が、体調不良を引き起こしていましたが
原因であるお酒(悪い習慣)をなかなかやめられずにいたのです。
しかし、40代半ばで私のアルコール人生も転機を迎えます。
若い頃のように体がいうことをきかなくなり
お酒との付き合い方を変える必要が出てきました。
禁酒にも何度かトライしたのですが
3週間もするとまた飲み始めるという失敗を繰り返し
アルコールの牢獄からはなかなか抜け出せませんでした。

44歳の時ついに体が悲鳴をあげ、全身が炎症反応を起こしたのです。
検査入院をすることになり、ベッドの上で自分の未来について真剣に考えました。
退院する時に同世代のドクターが、私にお灸を据えてくれました。
「アルコールをやめない限り早死にする」と私に忠告してくれたのです。
さすがの私も酒の弊害に気づき、金輪際飲まないと断酒を決めました。
それ以来10年が経ちますが、一切お酒を飲んでいません。
断酒を誓い、未来の自分を変えると決めたおかげで
飲酒という悪い習慣にようやくさよならできたのです。

もしも、あなたが自分の人生を変えたいなら
自分の理想の一日を書き出すことをオススメします。
その理想の一日と現実の一日を見比べ
ダメだと思うことをリストに書き出してみるのです
ダラダラとした時間や無駄な時間が多いことに驚くことでしょう。
この作業がに自分の悪い習慣を炙り出してくれます。

理想の一日を邪魔する時間泥棒の原因となる悪い習慣を見つけて
それを改善すると決めるのです。
その際、先延ばしをやめて、できることからすぐにはじめてみましょう。
夜更かしの原因が昼間の意味のない噂話だったら、それを今日からやめるのです。
読書や運動の時間が確保できない原因がTVであれば
TVを見る時間を減らすと決意を固めるのです。

悪い習慣が見つかったら、それをやめると宣言し
周りの人に自分を監視してもらいましょう。
ソーシャルメディアで宣言するのはとても効果があります。
私はこの方法でラーメンをやめたり、エスカレーターを使わなくなりました。
この結果、理想の体重を手に入れたのです。

自分を変えたければ、言葉を変えるのも効果的。

ジョセフ・マーフィーは言葉を変えることで
自分の価値を高められると書いています。
ネガティブな言葉を使うのも、自分の人生を台無しにする悪い習慣だと言えます。

あなたの言葉には、あなたの行動と同じ価値があります。日頃の言葉づかいを吟味しましょう。 

脳は自分の言った思いや言葉を実行に移そうとします。
自分の思いや言葉はミラー細胞を通じて、脳に伝えられ
考えた通りに私たちは動かします。
思考や言葉が現実を変えてしまうのですから
悪い言葉を使うのはやめて、良い言葉を意識しましょう。

まとめ

人生を変えたければ、悪い習慣をやめると決め
理想の自分をイメージしましょう。
自分を改善するために悪い習慣を見つけて
良い習慣に置き換えるのです。
ポジティブな思考と言葉を使うことで、現実が変わり始めます。
思考が現実になると考え、明るい未来を思い描くのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました!!

    

    

Loading Facebook Comments ...

コメント