Kindleで難しい書籍にチャレンジしよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

Kindleについて昨日のブログに引き続き、書いてみます。
本好きのためのAmazon Kindle 読書術和田稔には
次のような一節があります。

ページ数の多い本を読もうとして、中身に入り込む前に本の厚さに圧倒されて諦めてしまったという経験をした方も多いのではないでしょうか。本の厚さを意識してしまうと、かなり集中して読み進めたつもりでも、まったく減らないページ数に途中で投げ出してしまうという残念な結果になってしまいます。その点Kindleの場合、読んでいる間は本の厚さを意識しなくてすむため、余計なストレスを感じることなく読書ができます。(和田稔

スクリーンショット 2015-01-06 11.40.08
厚い本や、難しい本を紙の本で読もうとすると量に圧倒され
読書を諦めたことはありませんか?
読み進めていくうちに、本の厚さに負けて
ページがなかなか進まないと
やがては高価な書籍が積ん読の山の一部になってしまいます。
この無駄を防いでくれるのがKIndleや
iPhoneのKindleアプリかもしれません。

iPhoneのKindleアプリなら紙の厚さを気にしないですむのと
いつでも持ち運べるので、読みたいときにいつでも読めます。
5分もあれば、.3ページは読めますから
厚い本を読むときに、隙間時間を活用すれば、案外読めてしまうのです。
これなら投資をちゃんと回収できます。

まずは、隙間時間でKindleやiPhoneアプリで読むことを
習慣化することを目指しましょう。
また、Kindleでは多くの書籍が安価でリリースされているので
星の多さやソーシャルメディアで評判のよい書籍を
どんどん購入して、いろいろなカテゴリーにチャレンジしてみましょう。

定期的にKindleストアをチェックすることで
紙の本を出版していなくても
電子で自分の思考を表現している
イキのいい著者に出会えるかもしれません。
(当然紙の書籍のKindle版もチェックしましょう!)

新しいジャンルやトレンドなど流行りのインプットは
Kindleの方がふさわしいのかもしれません。
やはり紙の書籍はある程度の部数を見込んでいますから一般的で
電子の方がより内容がシャープになっている気がします。
また、出版のスピードまで考えると紙は電子には敵いません。

本好きのためのAmazon Kindle 読書術
著者の和田さんは電子書籍での読書の魅力を
以下のように整理しています。

変化の激しい現代においては、自分の知識を常にアップデートし続ける必要があります。そのインプットのもっとも手軽な方法が読書なのです。そして電子書籍はその読書の敷居をより低くしてくれたと考えています

私は読書によって人生経験を豊富にし
それによって人生をコントロールできると信じています。
人生経験をコントロールできれば
望むことはなんでも達成できるようになると思うと
読書のインプットとブログでのアウトプットを
やめるわけにはいかないのです。

新しい著者が次々登場するKIndleは
自分の可能性を広げてくれる世界の入り口かもしれません。

今日も読んでいただき、ありがとうございます。

 

photo credit: 3water via photopin cc

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る