スティーブ・シーボルトに学ぶ、豊かになるための秘訣。

豊かになるためには、課題解決能力=ソリューションが大事だと
スティーブ・シーボルトは言います。

この世の中は問題解決に対して報酬が支払われる仕組みになっているので、問題を解決すれば誰でも金持ちになれる。金持ちになる男は、自分が創造する価値に対してお金を得る権利があると考えている 。だから、スポーツの試合やビデオゲ ームに興じるひまがあるなら、社会に貢献して財産を築くための新しいアイデアに時間と労力を集中すべきだと考える 。この事実がわかれば、ごく一部の人が世の中の富の大半を独占していることが納得できるだろう。

スクリーンショット 2015-04-02 18.11.20
金持ちになる男、貧乏になる男には、金持ちになるための100の秘訣が紹介されています。
このルールを読むと、いかに多くの人がお金の稼ぎ方を
理解していないかがわかります。

実は、お金を稼ぐために重要なことは、時間の使い方なのです。
TVを見たり、ゲームをやるよりも自分のスキルを上げたり
アイデア力を磨くことに時間を費やすべきです。
なぜなら、世の中は課題解決してくれる人に、お金を払うように設計されているからです。
この原則を理解して自分を変えないと、人は一生豊かになれないのです。

問題解決する人になるか?
時間をお金と交換する人になるか?の選択で
人生がある程度決まってしまうのです。
この豊かになるためのルールを日本人はもっと学んだ方がよいかもしれません。
学校教育は社会で生きていくための基本的な知識を教えてくれますが
その多くは時間をお金と交換する方法なのです。
この考え方を信じているといつまでたっても豊かになれないのです。
とにかく課題を解決できる人間になって、未来を変えていきましょう。

豊かになる人が、課題解決型であるならば
あなたもそういう生き方を目指すべきなのです。
アイデア力を磨き、世の中に解決策を提示できれば
あなたのパーソナルブランドはもっともっと強力になるはずです。

貧乏になる男がお金は複雑だと思い込んでいるのに対し、金持ちになる男はお金がアイデアから生まれることを理解し、社会に価値を提供すればするほど金持ちになれることを知っている。彼らはお金という複雑なテーマを単純な秘訣にまとめる達人だ。自由市場経済の下で金持ちになるためには 、世の中の問題に対する解決策をお金と交換すればよく、解決する問題が大きいほど収入が増える 。きわめて単純な原理だ

もし、豊かな人生を送りたいのなら
世の中に転がる問題を絶えず見つけることが大事です。
感性を磨いて、世の中にあるギャップを見いだせれば
そこには、必ずチャンスがあるはずです。

誰かの悩みを真剣に聞いて、それを解決できる力を持っているのなら
その能力をどんどん磨きましょう。
ビジネスにできると考え、成功できると信じることができたなら
ブログやソーシャルメディアに記事を書いて、見つけてもらう仕掛けを作りましょう。
記事をストックし、読者に貢献を続ければ
やがてそこからハッピーなことが起こり始めます。
読者がそこに価値を感じて、オファーしてくれれば
今までとは違った人生を送れるはずです。
自分が世の中に何で貢献できるか?を徹底的に考えることが
豊かさへの一歩なのかもしれません。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
   

photo credit: movers @ gallaghers 1 21 06 020 via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る