名言でコミュニケーションスキルをアップする方法!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

たとえ相手がつまらない人物であっても、額面どおりに相手をこきおろすよりは、額面以上に相手をほめる方が安全である。賞讃は非難ほど反撥されないし、少なくとも嫌がられないからだ。相手がお気に入りの事柄をほめちぎれば、たちまち相手は好感を持ってくれる。ただし他人を引き合いに出してほめるのは、避けた方がよい。(アイザック・ニュートン)

スクリーンショット 2015-08-04 13.06.35
人は誰でも、褒められるのが嬉しいものです。
相手とのコミュニケーションを良くしたいのなら、自己重要感を高めることが肝心です。
人間関係で悩んでいる相手がいたら、挨拶、笑顔
相手を褒めることの3つを心がければ、劇的に人間関係を変えられるのです。
特に、相手が気に入っているものを褒めると効果があると
アイザック・ニュートンは、言っています。

そして、相手を褒めることによって、自分自信も変えられるのです。
褒めるという行為が、あなたの味方を増やしてくれるのです。

褒めた方は忘れているようなことでも、褒められた相手の方はよく覚えているんです。褒めることで、相手の心に残る印象的な言葉を、知らぬ間に伝えているのかもしれません。(西村貴好)

人を褒めたことを自分では、すっかり忘れてしまっているのに
意外に相手は覚えているという経験を
誰しもしたことがあるのではないでしょうか?
褒めるということは、今の人間関係をよくするだけでなく
未来の自分を助けてくれる可能性を秘めているのです。
相手のよいところを見つけて、人を積極的に褒めるようにしたいものです。

私は褒める時のポイントをいくつか整理していますが
人のよい行動を褒めるのが一番好きです。
朝の早起き、挨拶、笑顔、掃除、料理など人を褒めるポイントはいくつもあります。
例えば、健康に気を使っている方には、エクササイズの習慣化を褒めるなど
相手の努力を見つけることで、自分に足りないことも意識できるからです。
良いアクションを見つけたら、どんどん褒めると
お互いを成長させられるのです。

褒めることとは、相手の長所を見つけることなのです。
褒めることを続けていると、相手を好きになれます。
苦手だと思っていた人の長所を見いだすことで
自分の意識を変えることができるようになるのです。
このルールに気づけたことも、私にとっては発見でした!

実際、周りを見ていても、褒める人は少ないような気がします。
褒めることで、お互いの関係がよくなるのなら
褒め文化を広めることで、自分の周りを面白くできるかもしれません。

私の好きなデール・カーネギーは、褒めることに関する名言をいくつも残しています。

嘘でない心からの賞讃を与えよう。心から賛成し、惜しみなく賛辞を与えよう。相手は、それを心の奥深くしまい込んで、終生忘れないだろう。与えた本人が忘れても、受けた相手は、いつまでも忘れないでいつくしむだろう。

先ほどの西村氏の言葉に近いデール・カーネギーの発言ですが
心からの賞賛によって、あなたの存在をより大きく出来るのです。

相手を重要人物として扱い、誠意を持って協力を要請すれば、敵対者もまた友人にすることができる。

人を動かす道は開けるなどのデール・カーネギーの本には
多くのコミュニケーションのヒントが隠されています。
時々、彼の言葉を読み返すことで、自分に不足しているコトに気づけます。
このように著者の名言を自分ゴト化することで
コミュニケーションスキルをアップできるのです!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   
photo credit: Beauty Is Within The Eye Of The Beholder via photopin (license)

スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー GYAKUSAN株式会社など
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る