ジュリア・キャメロンのモーニングページで、自分のために行動する習慣を身につけよう!

習慣化

願望リストは、 「楽観主義を取り戻すには、具体的な行動をすべきだ」と教えてくれる。自分のために行動する習慣がつくと、人の要求にあまり振り回されなくなる。(ジュリア・キャメロン)

スクリーンショット 2016-01-21 9.17.39

願望リスト(夢リスト)を作成すると、夢が叶うようになります。
リストに書き出すことで、夢を意識することで、行動できるようになるからです。
ずっとやりたかったことを、やりなさい。(2)の中で
ジュリア・キャメロンは、願望リストを書き出すと
自分のために行動でき、自分らしく生きられるようになると書いています。
夢を書くことで、やりたいことに集中できるようになり、人のことが気にならなくなります。

また、「朝のモーニングページ」というメソッドを使うと、
自分の頭をクリアにできるとジュリア・キャメロンは本書で紹介しています。
毎朝1日のはじめに、自分の頭に思い浮かんだことを
ノート3ページ分、手書きで書くことを習慣にするのです。

朝、頭の中を整理することで、自分のやりたいことに集中できます。
私はモーニングページを書く代わりに前日の感謝日記
夢リストを記入するようにしています。
昨日の反省と今日の予定、未来の夢を毎朝書くことで
今、自分が何をすべきかがわかります。
これで自分に集中できるようになり、行動を加速できるのです。

毎朝、自分を見つめ直す時間を持つことで、自分の心と対話出来るようになります。
自分の本音も理解できるので、ある意味ガス抜きにもなります。
また、日記を書きながら、他者に感謝することで
私は朝から気持ちを穏やかにできるようになりました。
イライラを消すことで、自分のクリエイティビティを高められるようにもなります。
書くことで、脳が刺激され
アイデアやそれをサポートしてくれる仲間の顔が突然浮かぶことがあります。

朝の日記とリストを書き終えたら、すぐにそのアイデアを行動に移すのです。
Facebookメッセンジャーで連絡を取り、アイデアを仲間に話すのです。
アイデアは頭の中にしまっているだけでは、実現しません。
人に話すことで、仲間からサポートをもらえるようになり、実現の可能性が高まるのです。 毎朝、昨日の反省と夢リストを書くことを習慣にすると
行動が加速し、良いことが引き寄せられるようになります。

私のモーニングページは、感謝日記夢リストですが
書き続けることで、どんどん夢が叶うようになりました。 日常的に書くことで、頭がアクティブに動き出します。
欲しい情報や会いたい人が目に飛び込んでくるようになります。
このカラーバス効果の力を書くことで、積極的に活用するのです。
毎朝の書く習慣が、情報を引き寄せ、自分のための行動を促してくれます。
書くことで、自分に集中しながら、強いエネルギーを持って1日をスタートできます。
朝一に、書く時間を持つことで、私たちはポジティブになれるのです。

朝の出だしをポジティブに始めれば、一日をポジティブな気分で過ごせる。反対にネガティブな思いで始めてしまうと、何もかもマイナスモードに入ってしまう。(斎藤茂太)

私は朝からの書く習慣が、人生をポジティブにしてくれると信じています。
まずは、モーニングページ夢リストを書いて
自分のために行動する習慣を身につけましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: the list via photopin (license)

photo credit: … with clouds beneath … via photopin (license)

Loading Facebook Comments ...

コメント