今から数年後、あなたはやったことよりも、やらなかったことに失望する。(マーク・トウェイン)

私は60歳から新しいことを始めた。それが40年もの時間をかけられるほど熱中できることだったんです。人生に遅すぎるということはないのだなあ、と感じました。もう60歳だから、70歳だからと嘆く必要はなく、生かされている命には必ず意味があると思います。失敗したとしても、またそこから始めればいいだけだと思いますよ。(川崎桃太)

スクリーンショット 2015-11-27 23.50.17
川崎桃太
氏の言葉を読むと元気になります。
何歳になってもやりたいことをスタートできるのです。
60歳からはじめても、100歳まで生きれば40年間の時間を使えます。
これだけの時間があれば、多くのことを達成できます。
長生きすることで、可能性が広がりますから、健康には気をつけたいものです。

こう考えれば、私たちは年齢について、嘆く必要はないのです。
川崎氏の年齢を考えると、私の年齢(52歳)が若く思えてきました。
まだまだ、いろいろなことができるのだと、夢が大きく広がりました。

あなたが主体的に人生の創造に関わるようになれば、今までとはまったく違う人生があなたの前に開かれる。あなたは、人生の本質と深く関われるようになる。(ロバート・フリッツ)

自分の人生を生きると決めることで、私たちは未来を変えられます。
こう考えることで、私の怠惰な人生が本当に変わり始めたのです。 
やりたいことを明確にし、夢リストに書くことで
どんどんワクワクできるようになり、行動がつらくなくなったのです。

100の夢を書き出し、それらを叶えることで私の中に自信が生まれました。
5年前に出版できたことが転機となり、私の人生が変わり始めたのです。
一つの成功体験が次の成功につながり、アクションができるようになったのです。

迷ったら積極的な方を選ぶ。自分が動けば、自分が変わる。人生が変わる。(流音弥)

この言葉に出会ってから、迷った時には行動を選ぶようになりました。
海外に出るときにも、この言葉が私の背中を押してくれたのです。
去年から海外に出ることを心がけたのですが
ドバイでのビジネスを始める時には、少しだけ悩みました。
中東に対する恐怖感があったのですが
飛行機に飛び乗り、現地を見ることで、私の考え方は大きく変わりました。
東南アジア以外にも成長するエリアがあることを見つけたのです。

ドバイでのビジネスに取り組み、それをブログに書くことで
私は多くの人を引き寄せられるようになりました。
今年になってからも、新たなプロジェクトをいくつも動かしています。
積極的に動いたことで、私の人生がワクワクなものに変わったのです。

今から数年後、あなたはやったことよりも、やらなかったことに失望する。(マーク・トウェイン)

いくつになっても後悔しないように、自分の人生をエンジョイしたいと思います。

今日もお読みいただき、ありがとうございました! 

    

 

photo credit: Go out sea via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る