積ん読でもいいじゃないか!

「積ん読」もまた楽しからずや。(渡部昇一)

スクリーンショット 2015-07-07 8.56.46

人の脳は忘れやすく、3日もすればほとんどのコトを忘れてしまいます。
私は本をたくさん買うために、買った本の存在を時々忘れてしまい
また、同じ本を買ってしまうという笑えない経験を何度もしています。
これを避けるために、私はできるだけ
本を買った瞬間に「目次」や「はじめに」を読んで
本の印象を記憶に残すようにしています。
何冊か買った場合には、この時読む順番を決めてしまいます。

買った本は、すぐに本棚にしまわず、読みたい順で机の周りに積んでおき
一番上の本をカバンに入れて、読み始めます。
読みかけの本や再読したい本はトイレやリビングに置いておき
いつでも読めるようにしておくと、本を意識し、早く読了できるようになります。

私は、新しい興味を覚えたらとりあえず本を買っておいたほうがいいという考え方をしています。たしかに、そうやってとりあえず注文したり買ったりした本が『積ん読』の元凶になるわけですけれども、『積ん読』もまた楽しからずやーと思えばいいのです。

楽しい読書生活―本読みの達人による知的読書のすすめ渡部昇一著では
「積ん読」の価値がわかりやく表現されています。
本は放っておくとどんどん増えていきますが
それは新たに興味関心領域が広がった証拠なのです。
たとえ、読むのが遅くなっても、知的好奇心の賜物なのですから
買ったことを後悔しないようにしましょう。
「積ん読」にも価値があると思うことで、気持ちが楽になります。

新しい情報を得ようと思ったから、その本が自分の部屋に存在するのです。
私たちは、積ん読によって、いろいろな気づきをもらえます。
ブログや記事を読んでいて、気になったキーワードに関連する本が
積ん読コーナーで見つかれば、自分の知的好奇心をすぐに満足させられます。
その本に集中することで、新たな発見がもたらされたりもします。
また、タイトルや表紙を見続けることで、それを読んだ気になり
自分の知識を増やせたと思い込むことで、へんな自信が持てたりもします。
本を所有していれば、いつでも読めるという安心感もあります。

最近ではKindle本を大量購入しています。
Kindleは嵩張らないので、移動中に読むものがなくなった時の保険にもなります。
特に、移動距離が長い出張時には重宝します。
過去に読みかけだった本、気になっていた本をここで一気に読み倒すのです。
飛行機に乗る前に、これから読む本を決めて、何冊かの本に集中します。
iPhoneのkindleアプリには何百冊もの本が常備されていますから
これで移動の時に退屈だと感じることがなくなりました。
読みたい本があったら、Kindleですぐに購入して
いつでもどこでも読めるようにしておくのです。

アプリのライブラリーで表紙をスクロールすると
すぐに気分をワクワク状態に変えられます。
読みたい本がある状態を常時キープすることは、とても幸せなことなのです。
気分が乗れば、買った本から発見を得られます。
積ん読でもよいと考え、本の購入をためらわないようにしましょう!

今日もお読みいただき、ありがとうございました。

   

photo credit: 22nd March 2015 via photopin (license)

この記事を書いた人
徳本昌大

■複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後、企業支援のコンサルタントとして独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みがあり、多くの実績を残している。現在、IPO支援やM&Aのアドバイザー、ベンチャー企業の取締役や顧問として活動中。

■多様な講師をゲストに迎えるサードプレイス・ラボのアドバイザーとして、勉強会を実施。ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新。

■マイナビニュース、マックファンでベンチャー・スタートアップの記事を連載。

■インバウンド、海外進出のEwilジャパン取締役COO
IoT、システム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダー
他ベンチャー・スタートアップの顧問先多数 

■著書
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣」(扶桑社)
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。
 
徳本昌大 Amazonページ >
 

徳本昌大をフォローする
習慣化 Kindle 書評 iPhone 生産性向上 名言 IT活用 その他 ブログ ライフハック 引き寄せの法則 時間術 読書術
スポンサーリンク
徳本昌大をフォローする
徳本昌大の書評ブログ!毎日90秒でワクワクな人生をつくる
Loading Facebook Comments ...

コメント

タイトルとURLをコピーしました