人間は絶えず運動していなければならない。それが人間であり、もともとそういうふうに作られているからだ。何億年も前に、私たちの身体は常に動き回れるように作られた。(クリス・クロウリー)

スクリーンショット 2016-05-24 4.51.06
どうやって運動しようか?と悩んでいる人も多いと思います。
そんなときには、クリス・クローリーの若返る人がオススメです。
本書を読むと、人間の進化の過程を理解でき、自分のために運動したくなります。

運動とは、自分をマネジメントすることです。
健康体を取り戻すことで、目の前のことに集中できるようになります。
また、痩せることで、自信を取り戻せ、活動的な人に生まれ変われます。
その結果、良いことが引き寄せられるようになり、人生をエンジョイできるのです。

私たちの祖先は、木の実や野生の食べ物を探すために
1日8kmから16km歩くことが当たり前でした。
絶えず、私たちは飢餓状態で、歩き回ることで脳と体を進化させてきたのです。
そのため、私たちは運動しないとあっという間に健康を損なったり、太ってしまうのです。
便利な生活を追い求めて運動を避けていると、健康を害し後で痛い目にあいます。
生活習慣病や肥満が増えている実態を見ると、ご先祖様の生活を見習いたくなります。

若返る人 [ クリス・クロウリ- ]
価格:1728円(税込、送料無料)

適度の運動は、健康を生み、育て、長もちさせる。(アリストテレス)

やりたいことがたくさんできてから
私は自分を長生きさせるために、暴飲暴食をやめ
運動することを心がけるようになりました。

特に、食事の改善と歩くことを習慣化することで、私は健康体を取り戻せました。
昨年からはApple Watchを活用して、1日に歩いた距離をチェックしています。
1日10kmから15km歩くことを目標に、ゲーミフィケーション感覚で散歩を楽しんでいます。
また、健康のためには、不便が大事だと考え、エスカーレータを使わずに
階段を活用することで、筋力をアップさせています。

また、Apple Watchのおかげで日常生活でも立つことを意識するようになりました。
スタンド!という命令により、私は座っている時間を減らしたり
家事のついでに歩くことを心がけるようになったのです。
これで歩く時間を増やすことができ、私は自分の肉体を改造できたのです。

今日もお読みいただき、ありがとうございました。
クリス・クロウリーの関連記事はこちらから
Apple Watchの関連記事はこちらから

私の好きな本や自分の著書をピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

    
     

 

photo credit: Inception via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る