(貯金ができる人は)「自分の生活に必要最低限の基準があり、それをきちんと把握している人」です。もっと言うと、「自分の価値観」をしっかり持っている人です。こういう人は労力なしで自然とお金を貯めています。それは、「必要なのか、それとも欲しいのか」という線引きを無意識にできているからなのです。「お金があって買えそうだから買う」という行動ではなく、「買えるけど自分にはいらない」という基準がきちんとあります。(横山光昭)

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-6-40-53
横山光昭
氏の貯められる人は、超シンプルを読むことで
貯蓄に必要なノウハウを簡単に学べます。
横山氏はどんな時代になっても必要なものは、「貯蓄ができる能力」で
もし、自分にそれが備わっていないのなら、絶対に身につけておくべきだといいます。
そして、貯蓄の能力は、年収とは直結しないのです。
少ない収入でもしっかりお金を貯められる人もいれば
年収が高くても、貯金が全くない人もいるのです。
たくさん稼いでもお金が貯まるわけではないので、貯金を先送りしてはいけないのです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

貯められる人は、超シンプル [ 横山光昭 ]
価格:1404円(税込、送料無料) (2016/10/18時点)

今、みなさんの目の前にあるすべてのモノは、お金が形を変えた姿であるとも言い換えられます。その中には、所有しているだけでお金がかかっているものもあるはずです。モノをモノとしか見ていないのか、モノをお金でもあると見ているのか。そこの意識があるかないかで、貯められるかどうかが分かれます。「モノはお金でもある」と認識できると、考えが変わってくるものです。

横山氏はお金に関するマインドシフトを今すぐ変えるべきだといいます。
お金のコントロール力をつければ、自然と貯蓄ができるようになるのです
普段からお金と正しく付き合う力を鍛えれば
収入が少なくても貯金は可能だということを理解しましょう。

自分では、「必要」と思っていても、「欲しい」となったら自分を客観視できなくなることが多々あります。もちろん人にもよりますが、私たち大人は、「欲しい」を「必要」にすり替えることがとても得意なのです。 「必要」に変える理由をいくつも挙げられるのです。

横山氏の不要なモノを買わないようにすべきだという考え方に共感を覚えました。
欲しいモノをすべて買っていては、お金がいくらあっても足りません。
自分に都合の良い考え方を捨てることが、貯金のためには必要です。
本当に必要なモノだけを買えば、モノを大切にするようになります。
不要なモノをなくし、シンプルに暮らすようにすれば、貯蓄型の人間に生まれ変われます。
自分たちの過去の価値観やマインドをリセットすることで
お金を貯められる体質に改善できるのです。
本書の横山氏のアイデアを活用したくなりました!

私の好きな本と私の著書を以下にピックアップしています。
ぜひ、書籍の表紙をクリックしてご一読ください。

     
       

photo credit: jeffdjevdet How to Save Pound’s via photopin (license)

スポンサード リンク
徳本昌大

徳本昌大ソーシャルおじさん

投稿者プロフィール

複数の広告会社で、コミュニケーションデザインに従事後独立。
特にベンチャーのマーケティング戦略に強みを持つ。
ソーシャルメディアを活用したコミュニケーションデザインの実績多数。

現在、ベンチャー企業の取締役 顧問として活躍中
インバウンド、海外進出のEwilジャパンCOO
Iot、イステム開発のビズライトテクノロジー 取締役
みらいチャレンジ ファウンダーなど
アルコール依存症を克服した独自の習慣術でのベンチャー起業家へのコーチングも行う。

ドラッカー名言学び実践会主催
iPhone記事や、ビジネス書籍の書評をブログにて毎日更新しています。
MacFanの書評連載も評判

著書に、
「ソーシャルおじさんのiPhoneアプリ習慣術」(ラトルズ)
「図解 ソーシャルメディア早わかり」(中経出版)
「ソーシャルメディアを使っていきなり成功した人の4つの習慣
「ソーシャルメディアを武器にするための10ヵ条」(マイナビ)
など多数。

電子書籍も積極的にリリースしています。
「ミドル世代のための小さな会社の創り方」
「名刺作成のプロが教える ソーシャリアル名刺の作り方」
などが代表作。

この著者の最新の記事

関連記事

Loading Facebook Comments ...

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサード リンク

最近の投稿

このサイトのTCDテーマはこちら↓

スポンサード リンク

アーカイブ

ページ上部へ戻る